Advertisement

【NBA】Japan Games第1戦、最優秀選手は八村塁 しかし「ホームなのか」と観客に不満!?

試合後の記者会見で、自分よりもウォリアーズとカリーを応援する声のほうが大きかったと白い歯を見せる八村塁 撮影:SPREAD編集部
試合後の記者会見で、自分よりもウォリアーズとカリーを応援する声のほうが大きかったと白い歯を見せる八村塁 撮影:SPREAD編集部

プレシーズンマッチ「NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten & NISSAN」は30日、さいたまスーパーアリーナでゴールデンステーツ・ウォリアーズ対ワシントン・ウィザーズの第1戦が行われ、昨季王者のウォリアーズが96―87で勝利した。

◆凱旋帰国の八村塁、海外メディアに「日本のイタリアンは本当に美味い」と力説

■カリーは後半出場せず

ウィザーズの八村塁は2019年にチームのドラフト1位指名を受けてから、NBAプレーヤーとしては初の凱旋試合。母国でチーム最多の13得点9リバウンドで「プレーヤー・オブ・ザ・ゲーム」に選ばれた。

Advertisement

NBA史上最多3ポイント成功記録を持つウォリアーズのエース、ステフィン・カリーも先発出場し、3ポイントを放つたびに大歓声を起こしたが、後半は試合から退いた。

試合後、八村は記者会見に姿を現し、母国での一戦について聞かれると「ホームと言うよりも、みなウォリアーズとステフィンを応援してましたよね」と白い歯を見せ、母国凱旋プレーに満足感を見せた。

第2戦は10月2日に行われるが、チケットはすでに売り切れとなっている。八村人気からNBA人気が戻って来るのか、期待感をもたせる一戦だった。

Advertisement

◆プレシーズン凱旋試合の公開練習 八村塁は「完璧なツアーガイド」とアンセルドHCが絶賛!?

◆Japan Games本日開幕、凱旋の八村塁が目標は「プレーオフ」と明言 個人成績は関係なしとバッサリ

Advertisement

◆開催まで1年 “沖縄バスケ”が呼び込んだFIBAワールドカップ

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします