【NBA】Japan Games本日開幕、凱旋の八村塁が目標は「プレーオフ」と明言 個人成績は関係なしとバッサリ

公開練習後、押し寄せた記者団の取材に応える八村塁 撮影:SPREAD編集部

30日から行われるプレシーズンマッチ「NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten & NISSAN」を前に凱旋帰国したワシントン・ウィザーズ八村塁は29日、チームとともに東京都港区で公開練習に参加、大挙して押し寄せた日本の報道陣の質問に応えた。

まず八村は「ウィザーズとして日本でNBAゲームをできるのは楽しみ…。日本のみなさんの前でやるのも何年かぶりですし楽しみです」と質問に答えた。

◆凱旋帰国の八村塁、海外メディアに「日本のイタリアンは本当に美味い」と力説

■「ご飯も睡眠も含めバランスのとれた生活を心がけている」

今季の強化ポイントについては「チームから言われたことはもちろん、オフェンスでもディフェンスでもリバウンドでも、いろんなところを強化し活躍できたらいいなと思っています」と4年目を迎え、さらにチームに必要とされる選手となるべく練習を重ねていると示唆、さらに「チームでミニキャンプをして、ケミストリーもできてきましたし、みんなもチームに慣れてきたので楽しみです」と仕上がりについて明かした。

昨季は、東京五輪出場余波もあり「個人的理由」によりチーム合流が遅れ、日本のファンをやきもきさせた。今年は「旅行が好きなので旅行をしたり、自分のためになるようなことをしてきました」と自身を見つめ、リフレッシュした様子。体作りについても「ご飯も睡眠も含めバランスのとれた生活を心がけている」と調整の順調さを窺わせた。

新型コロナの世界的な蔓延もあり、今季はルーキー時以来となる通常のレギュラーシーズンを迎える。これについては「僕も今年が初めてのNBAシーズンだと思っているので楽しみにしています。体調的にもメンタル的にもしっかりと様子を見ながらやっていくことが82試合レギュラーシーズンを送る鍵だと思う。しっかりと集中していきたい」と意気込みを語った。

途中、地元・富山県のメディアからも質問があり「ずっと富山に帰れてないので、バスケも盛り上がっていると聞いて嬉しい。これから富山が盛り上がってくれればと楽しみにしている」と故郷への思いも口にした。

今回の凱旋来日については「ドラフトされた時ぐらいから(日本開催の話は)ずっとあったんですが、コロナの影響もあって実現しませんでした。僕も楽しみにしてますし、こうしてチームメート全員で来れることは良いことだと思います。ジャパンゲームは昔もあったと思いますが、僕がいることでNBAという存在が近く感じられると思うので、子どもたちやNBAを目指している人たちにとってはすごく良い機会だと思います」とその意義を強調した。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします