【NBA】プレシーズン凱旋試合の公開練習 八村塁は「完璧なツアーガイド」とアンセルドHCが絶賛!?

30日に行われるプレシーズンゲームを前に公開練習でフリースローを放つ八村塁 撮影:SPREAD編集部
30日に行われるプレシーズンゲームを前に公開練習でフリースローを放つ八村塁 撮影:SPREAD編集部

30日から行われるプレシーズンマッチ「NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten & NISSAN」を前にワシントン・ウィザーズとゴールデンステート・ウォリアーズの両チームは29日、東京都港区で公開練習を行った。

◆八村塁凱旋、プレシーズンJapan Games 2022 に13社が協賛

■バスケ上達のコツは「練習、練習、練習…」とエース・カリー

昨季の王者ウォリアーズは2連覇5度目の戴冠に向け陣容も充実。エースのステフィン・カリーはコートに姿を見せるとまず入念なストレッチから入り、チームメートとともに基礎練習にも参加。記者団から「カリーのような選手になるには、どうれば良いか。子どもたちにアドバイスを」と求められると「練習、練習、練習そして練習、そこに近道はないよ」と穏やかに答えたが、その言葉通り小さな確認にも手をぬかない様子が窺えた。

練習前に入念にチューブを使ったトレーニングで確認を行うステフィン・カリー  撮影:SPREAD編集部

ウィザーズの八村塁は、新型コロナも収束に向かう中、フルシーズンのスタートからチームに合流するのはルーキー以来となり、心身ともに充実感をみなぎらせていた。練習では、チームメートと談笑しながら、スローペースの調整。フリースローの練習を披露したり、ハーフコートからシュートを放つなど終始リラックス・ムードだった。

昨季から指揮をとるウェス・アンセルドJr.ヘッドコーチも「ルイは完璧なツアーガイドの役割を演じているよ」と冗談を飛ばすほど。また海外メディアからのチームメートをどんな店に連れて行くのかという質問に対し、八村は「すきやきと鉄板焼き」と回答。海外記者からは「それはどんな料理だ」と追加質問があり、日本料理について解説するひと幕もあった。

八村は昨夏、日本代表メンバーとして東京五輪でプレーしたが、これは無観客試合。NBA選手としては、初めて観客の前でプレーすることもあり「ウィザーズ(の一員)としてゲームをできるは、すごく楽しみ。日本のファンのみなさんの前でやるのも何年ぶりかなのですごい楽しみ」と抱負を語った。

プレシーズン・ゲームは30日、10月1日の2試合が、さいたまスーパーアリーナで行われる。

◆開催まで1年 “沖縄バスケ”が呼び込んだFIBAワールドカップ

◆渡邊雄太がブルックリン・ネッツと契約 デュラント、アービングと共闘

◆ゴールデンステート・ウォリアーズが7度目の優勝 ステフィン・カリーがMVP

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします