【WBC】侍ジャパン、準々決勝の相手はマイク・ピアザ監督率いるイタリア代表

 

【WBC】侍ジャパン、準々決勝の相手はマイク・ピアザ監督率いるイタリア代表
9・11後のニューヨーク初試合で「奇跡のホームラン」を放ったマイク・ピアッツァ(C)Getty Images

野球の世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)は12日、プールB・1次ラウンド第4戦は日本が貫禄勝ちし、首位通過した。侍ジャパンは16日、土壇場でプールAの2位に滑り込んだイタリア代表と対戦する。

◆【実際の映像】東京ドーム、自身の看板を直撃した特大3ラン

■かつて侍の女房役が敵監督

第1次ラウンド・プールAは12日、台湾の台中で最後の2試合を行い、キューバが1位、イタリアが2位に滑り込んだ。

この日の試合、キューバが台湾を7-1で下し、ナイターではイタリアが7-1でオランダを下した。すべてのチームが2勝2敗で並ぶ中、失点率で1位はキューバ、2位でイタリアと決まった。

野茂英雄(ロサンゼルス・ドジャーズ、1996年4月8日) (C)Getty Images

元ヤクルトのバレンティンも出場したオランダは連勝スタートしたが11日に台湾戦に敗れ、この日イタリア相手にまさかの大敗を喫し、悪夢の1次ラウンド敗退となった。

イタリア代表を率いるのは、かつてロサンゼルス・ドジャース野茂英雄の女房役として活躍したマイク・ピアザ監督。同監督のチームが16日、日本で侍ジャパンと激突する数奇なWBCとなった。

◆全勝かけた豪州戦で“日本のエース”が魅せる 山本由伸、4回8奪三振無失点の満点デビュー

◆「誰もが歴史の一部になりたい」大谷翔平、衝撃の看板直撃“第1号”の行方に注目 ボールをキャッチしたのは…

Advertisement


◆え? 大谷翔平が牧秀悟へ特別に“デスターシャ” 披露 初回3ラン後にパフォーマンス

文●SPREAD編集部