Advertisement

【Bリーグ】琉球ゴールデンキングスがWオーバータイムを制し初優勝に王手 ファイナル初戦

 

【Bリーグ】琉球ゴールデンキングスがWオーバータイムを制し初優勝に王手 ファイナル初戦
千葉ジェッツの富樫勇樹(C) Getty Images

バスケットボール日本一を決めるBリーグ・ファイナルは27日、東地区1位の千葉ジェッツふなばしと西地区1位の琉球ゴールデンキングスが対戦、第1戦が横浜アリーナで行われ、ダブル・オーバータイムの末、琉球が初戦をもぎとった。

◆【実際の映像】Wオーバータイムで手に汗握る富樫勇樹、最後のフリースロー

■ファイナル初となる延長決着

第98回天皇杯・全日本バスケットボール選手権大会を制しリーグ優勝との二冠を目指す千葉と、天皇杯決勝で苦渋をなめた琉球に顔合わせとなった。

第1クオーターで27ー15と琉球がスタートダッシュを決めたものの、千葉はレギュラー・シーズン24連勝した地力を見せ、ジリジリと追い上げを見せる。第4クオーター残り10.2秒で千葉のヴィック・ローが3点シュートを沈め、試合は77-77でファイナル初の延長に突入。

最初のオーバータイムでは5点ずつを奪い、再延長へ。ダブル・オーバータイムでは、今村佳太が3ポイントで最初の得点を挙げると開始1分半で琉球が流れをつかみ、5点を連取。最後は残り3秒で富樫勇樹が3点シュートを狙いファイルを受ける。ここで3本目をわざと外しリバウンドからの同点を狙ったはずが、アレン・ダーラムにリバウンドを奪われ万事休す。93-96で琉球に軍配が挙がった。

Bリーグのファイナルは3戦中2勝を上げたチームが優勝。琉球はこれで初のBリーグ制覇に王手をかけた。第2戦は明日28日、13時5分ティップオフとなる。

◆原修太がけん引する最強・千葉ジェッツふなばしは22-23シーズン初の二冠達成なるか

◆千葉ジェッツ新指揮官ジョン・パトリックHCが見つめる日本バスケの進化

◆308日ぶりに復帰した琉球ゴールデンキングスの主将・田代直希が追い求める昨季逃した優勝への道

Advertisement


文●SPREAD編集部