Advertisement

伊藤美誠、世界3位相手に惜敗も掴んだ手応え 逆転の王曼昱も警戒明かす「最高のイトウと戦う覚悟ができていた」【WTTシンガポールスマッシュ】

 

伊藤美誠、世界3位相手に惜敗も掴んだ手応え 逆転の王曼昱も警戒明かす「最高のイトウと戦う覚悟ができていた」【WTTシンガポールスマッシュ】
伊藤美誠(C)WTT

卓球の「シンガポール スマッシュ 2024」は15日、女子シングルスの準々決勝が行われ、世界ランキング12位の伊藤美誠は同3位の王曼昱と対戦。2-4で敗れ、ベスト8で敗退した。

◆【実際の映像】伊藤美誠、実況が「なんて素早いスマッシュだ」と感嘆 世界3位相手にらしさ全開の“ミマパンチ”がさく裂

■前日に平野美宇撃破で勢いに乗る

今大会の女子シングルスでは唯一の日本勢生き残りとなっていた伊藤。前日に平野美宇を下した勢いそのままに、王曼昱相手にも切れの良い動きを披露。序盤2ゲームを連取し、中国勢撃破が期待されたが、徐々に伊藤の動きに対応した王曼昱の前に、惜しくも逆転負けとなった。

それでも、試合後の伊藤は手応えを感じた様子。WTT公式が発表したコメントで、「私は調子が良かったので、自分の能力を何度も発揮する必要があった」と述べつつ、「2017、19年のスウェーデン・オープンでは中国勢を破った。私は自分の能力を信じている」と力強く前を向いた。

また、序盤に苦しんだ王曼昱も「イトウとの対戦は厳しくなると覚悟していた。彼女は以前に比べて調子がよくなり、最高の状態のイトウと戦う覚悟ができていた」と、同年代のライバル相手に準備を整えて挑んだと明かした。

ベスト8で敗退したものの、随所で伊藤らしい思い切りのいいプレーが光った今大会。世界1位を目指すと宣言したここからの伊藤の飛躍には期待が高まる。

◆【実際の映像】伊藤美誠、実況が「なんて素早いスマッシュだ」と感嘆 世界3位相手にらしさ全開の“ミマパンチ”がさく裂

◆伊藤美誠が世界3位の王曼昱と激闘も逆転負け 卓球 シンガポール スマッシュ 2024 日程・放送予定・ライブ配信 出場選手

◆伊藤美誠、黄金世代対決の結果分けたデュースの攻防 平野美宇は「前のゲームが頭から離れなかった」

Advertisement


(Y.Imoto/SPREAD編集部)