小平奈緒、台風19号で被災した地元・長野へのチャリティグッズを紹介

1月11日、女子スピードスケートの小平奈緒選手がインスタグラムを更新して、今シーズン後半戦は『ONE NAGANO』のピンバッジとともに戦うと宣言した。投稿には長野県PRキャラクター『アルクマ』があしらわれたピンバッジの写真も添えてある。

ピンバッジは昨年の台風19号で大きな被害を受けた被災地の復興を支援しようと、長野市にある制作会社ビッグウェーブが制作した。ピンバッジは1個550円(税込み)で、1個につき100円が長野県台風第19号対策本部へ寄付される。

出身地・長野のために支援の輪を広げる活動

小平選手は長野県茅野市の出身。長野県を襲った台風には発生当初から心を痛め、ツイッターでは行政からの発表を拡散するなどして支援してきた。

ピンバッジについて小平さんは「現在エムウェーブショップで、お年玉(500円)+50円で購入できます」と情報を共有し「復興に向けて、皆の心が繋がりますように」と願った。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします