【プロ野球/7日予告先発】CS第2戦 “崖っぷち”阪神はセ最多勝・青柳晃洋 巨人は虎キラー・髙橋優貴が登板

プロ野球はCSファーストステージ第2戦、セ・パ4球団2試合が行われる。

セ・リーグCS第2戦目、負けたら終わりの阪神青柳晃洋が先発する。今季は自身初の最多勝を獲得するなどチームを引っ張ってきた。対巨人戦には3試合を投げ、2勝1敗、防御率2.25の数字。巨人打線の勢いを止める投球でCSファイナルへ待ったをかけるか。

勝てば下剋上への第一歩となる巨人髙橋優貴が先発。今季阪神戦は5試合に登板し、4勝負けなし、防御率1.45と得意にしている。なかでも、甲子園での登板は4試合で防御率0.72と虎キラーぶりを発揮。チームの勢いに乗り、阪神打線を封じたい。

パ・リーグはロッテ小島和哉がマウンドに登る。10月27日の楽天戦では、6回1失点と好投しCSへ弾みをつけた。昨日の劇的なサヨナラ勝利でチームの雰囲気はとても良い。テンポの良い投球で流れに乗り、CSファイナル進出を決められるか。

一矢報いたい楽天岸孝之が登板。今季は25試合で9勝10敗、防御率3.44の成績。負けこそ先行したものの、試合を作り先発ローテーションを守りチームを支えてきた。経験豊富なベテラン右腕が巧みな投球でロッテ打線を翻弄できるか注目。

そのほか、6日全2試合の予告先発・試合時間の詳細は以下の通り。

■セ・リーグ

阪神-巨人

阪神甲子園球場
試合時間:14:00
予告先発
 神:青柳晃洋[防御率2.48、13勝6敗]
 巨:髙橋優貴[防御率3.39、11勝9敗]

■パ・リーグ

ロッテ-楽天

ZOZOマリンスタジアム
試合時間:14:00
予告先発
 ロ:小島和哉[防御率3.76、10勝4敗]
 楽:岸孝之 [防御率3.44、9勝10敗]

◆巨人・菅野 勇気もらった小林の眼力「強気でいくぞ、と」主砲不在のチーム引っ張る

◆ロッテ・佐々木朗希がCS開幕で2桁奪三振 大役果たす6回1失点

◆ロッテ・佐藤都志也がV逸試合のリベンジ劇打「うれしさ爆発」最後の打者の借り返す

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします