【格闘技/RIZIN.33】那須川天心、ラストマッチは五味と壮絶な打ち合い 大粒の涙で卒業「ずっとRIZINが大好きで…」

(C)RIZIN FF

総合格闘技イベント「Yogibo presents RIZIN.33」は31日、さいたまスーパーアリーナで開催され、第13試合の「那須川天心 vs. 五味隆典」が行われた。結果は2ラウンドで勝敗つかずドロー。

◆【武尊 vs. 那須川天心】両者が吐露した意地と感謝 6年越しで動き出した“世紀の一戦”

■神童vs.火の玉ボーイの打ち合い

(C)RIZIN FF

神童がラストマッチで、13.3キロの体重差がある火の玉ボーイと壮絶に打ち合った。元PRIDE王者・五味が繰り出す大ぶりのフックに、スピードで応戦する那須川。一発当たれば威力のある五味のパンチだが、那須川はボクシングのステップで巧みにかわす。

迎えたファイナルラウンド、五味のフックが那須川の顔面を捕らえる。残り1分、近距離での打ち合いが始まり、那須川を追い込む。しかし、ここでゴングが鳴り、試合が終了。天心ラストマッチはドローに終わった。

試合後、マイクを取った那須川は「僕はずっとRIZINが大好きで……」と声を詰まらせ、大粒の涙を流し、改めてRIZINの卒業を告げた。

■2022年、武尊と最強決定戦へ

那須川は2016年大晦日にRIZINデビューを果たし、MMAルールで1ラウンド2分47秒、パウンドによるKO勝ち。2017年大晦日には「RIZIN KICK ワンナイトトーナメント」で優勝を決め、2018年9月「RIZIN.13」には堀口恭司との“世紀の一戦”で3-0の判定勝ちを収めるなど、5年にわたりRIZINを牽引してきた。那須川は14戦無敗のままRIZINのリングを去る。

試合後、2022年6月に対戦するK-1王者・武尊が登場。リングに上がった武尊は「日本格闘技界で最高の試合をして勝ちます」とコメントし、続けて「6月は最高の果たし合いをしましょう」と完全決着を望んだ。武尊に言葉を向けられた那須川は「これは僕から始めた戦い。絶対に勝ちます」と力強く語り、リングを後にした。

(C)RIZIN FF

◆【RIZIN.33/結果速報】シバター、今年も腕十字で元K-1王者に一本勝ち 「俺が負けると思っただろ、ざまぁみろ」

◆【RIZIN.33/結果速報】朝倉未来、斎藤裕との405日ぶり再戦でリベンジV 「斎藤選手のおかげで強くなれた」

◆【RIZIN.33/試合結果・速報中】12月31日大晦日大会、バンタム級GPトーナメント決勝は朝倉海 vs. 扇久保博正

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします