【格闘技/RIZIN.33】シバター、今年も腕十字で元K-1王者に一本勝ち 「俺が負けると思っただろ、ざまぁみろ」

(C)RIZIN FF

総合格闘技イベント「Yogibo presents RIZIN.33」は31日、さいたまスーパーアリーナで開催され、第6試合の「シバター vs. 久保優太」は、1ラウンド1分34秒 S アームバー(コーナーストップ)でシバターが勝利した。

【格闘技/RIZIN.33】予測不可能な男・シバターが魅せた“30秒間の奇跡”「こんなこと三度は絶対ない」

◆【RIZIN.33/試合結果・速報中】12月31日大晦日大会、第1試合は“キングカズ”次男・三浦孝太がMMAデビューで鮮烈TKO勝利

■一本勝ちでRIZIN2戦2勝

シバターは昨年の大晦日大会に続いて、人気YouTuberのヒカル、てんちむ、ヘラヘラ三銃士の“炎上軍”、そして前回の対戦相手・HIROYAを従えて入場。試合前は元K-1王者の久保を前に棄権も示唆していたが、リングアナの紹介を受けると「伝説を見せてやるー!」と気合十分にリングへ。

試合は序盤からシバターが走り回り、土下座を見せるなど、トリッキーな動きを披露。久保は動じずロー、ミドルキックをシバターに打ち込む。しかし、その直後、シバターの右パンチが入ると久保が尻もちをつき、そのまま一気にシバターがフィニッシュにかかる。

最後は飛びつき、昨年と同じく腕十字を極めると、ここで勝負あり。昨年の大晦日大会のHIROYA戦に続く一本勝ちを決め、シバターはこれでRIZIN2戦2勝とした。

試合後、マイクを取ったシバターは「何も言うことねえよ。ほんとにネタじゃなくてこのリングにあがるのが嫌でした。俺が負けると思っただろ。ざまぁみろ、YouTuberは強いんだー!」と気を吐いた。

【格闘技/RIZIN.33】予測不可能な男・シバターが魅せた“30秒間の奇跡”「こんなこと三度は絶対ない」

◆【RIZIN.33】シバター、まさかの金星に驚き「集中治療室で年越すと思ってた」「来年は出ないよ」

◆【RIZIN.33/勝敗予想】朝倉未来、斎藤裕にリベンジのカギは“勝ちパターン”の左膝

◆【RIZIN.33】シバターに完敗の元K-1王者久保優太は呆然「やらかした」「相手にハマった」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします