【北京五輪/スキージャンプ】高梨沙羅、4位で惜しくも2大会連続のメダルならず ボガタイがスロベニア勢初の金

高梨沙羅(C)Getty Images

北京五輪は5日、スキージャンプ女子個人ノーマルヒルが国家スキージャンプセンターで行われ、高梨沙羅が合計224.1点で4位入賞。2大会連続の表彰台には惜しくも届かなかった。

ウルシャ・ボガタイが合計239点でスロベニア勢初の金メダルに輝いた。銀メダルはカタリナ・アルトハウス(ドイツ)、銅メダルはニカ・クリジュナル(スロベニア)が獲得。日本勢は伊藤有希が13位、勢藤優花が14位、岩渕香里が18位だった。

◆堀島行真、決勝で巻き返し銅メダル獲得 今大会日本勢初のメダル

■2014年ソチ五輪では4位、2018年平昌五輪では銅メダル

高梨は1本目で98.5メートルの108.7点で5位につけると、2本目は100メートル(115.4点)をマークし、合計224.1点だった。

今五輪では、今季ワールドカップ(W杯)で6勝を挙げ金メダル候補と目されていたマリタ・クラマー(オーストリア)や、平昌五輪金メダルのマーレン・ルンビ(ノルウェー)が欠場。メダル争いに絡むのは高梨やアルトハウス、スロベニア勢のボガタイ、クリジュナル、エマ・クリネツと予想されていた。

2014年ソチ五輪では4位、2018年平昌五輪では銅メダルに輝いた高梨は、その後不振に苦しむ時期もあったが、昨季はW杯3勝と復調。悲願の金メダル獲得を目指したが、2大会連続のメダルとはならなかった。

◆高梨沙羅を迷わせた凍てつく突風 道具決めきれず失速「定まっていなかった自分もいた」

◆【一覧】羽生結弦や小林陵侑だけじゃない…「Sports Illustrated」が選出した日本人メダリスト候補一覧

◆小林陵侑は予選4位の上々発進「いいジャンプでした」4選手が順当に決勝へ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします