【北京五輪/モーグル】堀島行真、決勝で巻き返し銅メダル獲得 今大会日本勢初のメダル

銅メダルを獲得した堀島行真(C)Getty Images

北京五輪は5日、フリースタイル男子モーグル決勝が雲頂スノーパークで行われ、堀島行真が81.48点で銅メダルを獲得。今五輪日本勢初メダルとなった。

◆【一覧】羽生結弦や小林陵侑だけじゃない…「Sports Illustrated」が選出した日本人メダリスト候補一覧

ワールドカップ(W杯)通算11勝を誇る堀島は、予選1回目で16位と出遅れたが、その後は徐々に調子を取り戻し6選手で行われる決勝3回目に進出。同種目では2018年平昌五輪の原大智に続く銅メダルに輝いた。平昌五輪では11位に終わった堀島にとっては、念願の表彰台となった。

◆銅の堀島行真は重圧から解放で涙「メダルは最低限」滑走中に「諦めちゃダメだ」と耐える

◆銅メダルの堀島行真 表彰式で中央のパンダを選択した理由も明かす【一問一答】

◆高梨沙羅、4位で惜しくも2大会連続のメダルならず ボガタイがスロベニア勢初の金

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします