【格闘技/UFC】次戦目前のマネル・ケイプは「注目すべきファイター」 怒涛の連打シーンに再脚光

マネル・ケイプ(C)Getty Images

元RIZINバンタム級王者のマネル・ケイプ(アンゴラ)は23日(日本時間24日)、米ラスベガスで行われる「UFCファイトナイト・ラスベガス52」でス・ムダルジ(中国)と対戦する。ケイプはUFCデビューから連敗を喫していたが、直近2戦でKO勝利を収め、戦績は2勝2敗。2021年12月4日(同5日)に行われたジャルガス・ジュマグロフ(カザフスタン)戦では、終始試合のペースを握ったまま1ラウンド4分2秒で完勝し、勢いに乗っている。

「UFCファイトナイト・ラスベガス52」では全13試合が予定されているが、「マネルケイプ vs. ムダルジ戦」への注目も高まっている。19日(同20日)にUFC公式YouTubeに投稿されたプレビュー動画では両者を「UFCベガス52に向けて、あなたが注目すべきファイター」としてスポットライトを当てており、前戦での“怒涛の連打シーン”が再注目されている。

◆【実際の映像】約5秒で10発以上の猛ラッシュ…マネルケイプが前戦でTKO勝利を決めた“怒涛のラッシュ”の決定的瞬間

■次戦相手は“チベットの鷲”

RIZINも沸かせた“スターボーイ”としても知られるケイプは、現在UFCフライ級ランキングで14位。今回激突するムダルジは格上の同12位であり、“チベットの鷲”という異名を持つ26歳は決してアンダードッグではない。身長やリーチで劣るケイプとしては、勢いだけではなく臨機応変に対応する総合力も勝利への必須条件となりそうだ。

実力伯仲の両者にはUFCもスポットライトを当てている。「UFCベガス52に向けて、あなたが注目すべきファイター」と銘打った動画ではケイプ、ムダルジ、タイソン・ペドロ(オーストラリア)をフィーチャーし、3選手の直近活躍シーンをまとめている。

そのなかでも、ケイプに関しては手厚く紹介をしており、ジュマグロフ戦でのTKO勝利につながった“怒涛の連打シーン”が再び脚光を浴びている。約5秒間、相手に何もさせず一方的に10発以上のパンチを打ち込んだ爆発力は、今見返しても爽快だ。

ケイプは直近2戦での連勝を受け、「チャンピオンになるためにここにいる」と強気の姿勢を崩さず、先日は米国武者修行中の朝倉海との邂逅も話題となった。格上相手にどこまで実力をアピールできるか注目だ。

◆【実際の映像】約5秒で10発以上の猛ラッシュ…マネルケイプが前戦でTKO勝利を決めた“怒涛のラッシュ”の決定的瞬間

◆「スピードに注目して」堀口恭司が米メディアに万全アピール 今後のRIZIN参戦やUFC王者にも言及

◆「堀口恭司vs.パトリック・ミックス」4月24日 両者の戦績、試合結果、中継情報一覧

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします