【MLB】大谷翔平、来季年俸43.4億円の1年契約でエンゼルスと電撃合意 日本人史上最高額

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルスは1日(日本時間2日)、大谷翔平と1年3000万ドル(約43億4200万円)で来季の契約を結ぶことを発表した。今回の合意により年俸調停は回避されている。

◆大谷翔平、18試合ぶり35号と自己最長16試合連続安打で6連勝導くか 「2番DH」スタメン

大谷の年俸は日本人メジャー選手としては歴代最高額となり、年俸調停を回避して1年契約を結んだ選手としても史上最高額となる。今季の550万ドル(約7億6900万円)から545%アップの大幅アップなる。

■メジャーにおいて契約合意は移籍消滅を意味しない

これまでの日本人選手としては最高額は2020年、田中将大が当時ニューヨーク・ヤンキースと契約していた年俸2300万ドル(現在のレートで約33億2900万円)。また年俸調停を回避し1年契約を結んだ選手の最高額は同じく20年、ムーキー・ベッツ(現ロサンゼルス・ドジャーズ)が当時ボストン・レッドソックスと結んだ2700万ドル(同約39億800万円)だった。

大谷は2021年に46本塁打と9勝の活躍でMVPを獲得。迎えたメジャー5年目の今季も打っては34本塁打94打点、投げては15勝に防御率2.35などの活躍で二刀流としてチームを支えている。そんな中で大谷は、メジャー6年目を迎える来シーズンもエンゼルスの一員としてプレーオフ進出を目指すことが濃厚となった。

本契約に大谷にトレード拒否権が含まれているかは定かではないが、今回の合意により大谷の移籍が消滅したわけではない。ベッツは20年1月にレッドソックスと上記契約更改後、わずかひと月後にドジャーズへトレードされている。

◆「大谷翔平は今季15勝」とベーブ・ルースの孫が予言 “リアル二刀流”は「オオタニが初めて」と絶賛

◆大谷翔平、メジャー自身初シーズン200奪三振達成 野茂、松坂、ダルビッシュに続き日本人4人目

◆大谷翔平、米国で繰り返し浮上するカマラニ・ドゥンとの恋仲説とその背景

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします