Advertisement

【ラ・リーガ】久保建英、古巣マジョルカ相手に躍動し8連勝に貢献 現地絶賛「常に相手の脅威」「素晴らしいパフォーマンス」

レアル・ソシエダの久保建英 (C)Getty Images
レアル・ソシエダの久保建英 (C)Getty Images

ラ・リーガは現地時間19日(日本時間20日)、第10節レアル・ソシエダマジョルカの試合が行われ、日本代表MF久保建英は先発出場。後半30分までプレーし、1-0の勝利に貢献した。

◆【実際の映像】久保建英、古巣マジョルカ相手に躍動 チーム最多4本のシュート放ち存在感発揮

■レアル・ソシエダはリーグで3位浮上

2019-20、2021-22シーズンにプレーした古巣のマジョルカとの対戦となった久保は、2トップの一角でスタメンに名を連ねると、味方とのコンビネーションで随所に光るプレーを見せる。そんななか、試合は前半4分にコーナーキックを得ると、ブライス・メンデスの蹴ったボールに合わせたミケル・メリーノのゴールで公式戦7連勝中と絶好調のレアル・ソシエダが先制点を奪取する。

Advertisement

久保にも前半25分メリーノ、ダビド・シルバとつないだボールで決定機が訪れるが、ペナルティエリア左から放ったシュートは惜しくも相手GKに防がれてしまう。その後も味方にチャンスを供給し、自らのシュートチャンスもあったが決め切れず。後半30分に交代した。試合はそのまま1-0でレアル・ソシエダが勝利した。

この試合の久保について、スペインメディア『el desmarque』ではチームトップタイとなる「8」の高評価がつけられ、「彼はゴールこそ奪えなかったものの、常に相手の脅威となり様々な方法でチャレンジした。非常に素晴らしいパフォーマンス」と絶賛。

Advertisement

また、スペインメディア『noticias de Gipuzkoa』ではチーム内では2位タイとなる「7」をつけ、「いい試合をしたが数字は出せなかった。3つのチャンスのうち少なくとも1つは決めたかった。それでもチームのためにあらゆる賞賛すべき仕事をこなした」と攻守に渡るパフォーマンスを評価した。

チームはこれで公式戦では8連勝、リーグ戦に限れば6連勝となり暫定で3位に浮上した。惜しくもゴールこそならなかったが、好調を維持するチームにおいて、久保が中心を担い確かな存在感を放っている。

Advertisement

◆【実際の映像】久保建英、古巣マジョルカ相手に躍動 チーム最多4本のシュート放ち存在感発揮

◆レアル・ソシエダ久保建英が「古巣」バルセロナと激突 カンテラ時代の恩師「彼は黄金世代最高のスター」と称賛

◆久保建英が“古巣”バルセロナ相手に得た教訓 最高の教科書となった盟友と天才レフティー

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします