【カタールW杯】主将吉田麻也、コスタリカ相手の敗戦に「上手くいかなかった」と反省の弁 スペイン戦には「勝つしかない」

 

【カタールW杯】主将吉田麻也、コスタリカ相手の敗戦に「上手くいかなかった」と反省の弁 スペイン戦には「勝つしかない」
サッカー日本代表・吉田麻也(C)ロイター

FIFAワールドカップカタール2022・グループE第2節が27日に行われ、FIFAランキング24位日本代表は同31位のコスタリカと対戦。0-1で敗れ、勝ち点を伸ばすことができなかった。

◆本田圭佑は冷静「全然ガッカリしてない」「下馬評では予選敗退だったんで」

■後半に決勝点を奪われる

試合は前半から日本が主導権を握る時間もあった中、後半に決勝点を奪われコスタリカに敗れた。

主将の吉田麻也はコスタリカ相手の敗戦について「次のスペインには引き分け以上で向かうしかない。もちろん勝ち点3も取りにいかないといけない」と状況が厳しくなったと語った。

難しい展開になった試合について「相手の守備ブロックを崩すことができなかったし、ペースが単調になってしまった」と反省点を挙げた。

システム変更についてはプラン通りだったと言うが「上手くいかなかった」と言及。次戦のスペイン戦については「勝つしかない。そのために準備をしていきたい」と意気込みを述べた。

◆遠藤航、「最低でも引き分けなければ」とコスタリカ相手の敗戦に言及 次戦は「とにかく勝ち点3を取りにいく」

◆特集:日本代表の命運はいかに 対戦カード・日程・放送予定・結果一覧

◆長友佑都、コスタリカ相手の敗戦に「悔しい結果」と語るも… 「ポジティブに次の活力にする」

Advertisement


文●SPREAD編集部