Advertisement

【超RIZIN.3】「素手で殴り合うのはおかしい」皇治と芦澤竜誠が“大乱闘”で両者退場に……芦澤は「ベアナックル戦」を要望

 

A.Kudo/SPREAD編集部

【超RIZIN.3】「素手で殴り合うのはおかしい」皇治と芦澤竜誠が“大乱闘”で両者退場に……芦澤は「ベアナックル戦」を要望
(C)RIZIN FF

総合格闘技団体「RIZIN」の榊原信行CEOは24日、記者会見を行い7月28日に開催される「Yogibo presents 超RIZIN.3」の新たなカードとして「芦澤竜誠 vs. 皇治」を発表。

会見場では芦澤と皇治が取っ組み合いの激しい“乱闘”を繰り広げ、両者退場になるという珍しいハプニングも起こった。

◆【実際の映像】「手を出さないように!!」鈴木芳彦アナウンサーも思わず絶叫……皇治と芦澤竜誠が異例の“大乱闘”で両者一発退場 「素手で殴り合うのはおかしい!」

■両者制止を振り切り乱闘に「お前が来い」

両者は、昨年4月1日に丸善インテックアリーナ大阪で行われた「RIZIN.41」で初対戦。芦澤が2-1の判定勝ちを収め、この試合は1年ぶりのリマッチとなる。

会見でコメントを求められた皇治は「ちょうど1年前恥かいたんで、ぼこぼこにして恥かかせたろうと思ってます」と野心を燃やした。一方で、前回勝者の芦澤は「この試合やる必要ないだろ!MMA再戦やる必要ないだろ!」「俺がやらねぇっつったら、やらねえんだよ」と猛抗議。

Advertisement


そして「俺を泣かしたいのか、4、5万人の前で?だったら、ベアナックルでやろうぜ。ベアナックルならやったるわ、お前とは喧嘩したいわ」とベアナックル戦を要望した。そこから激しい口論が始まり、頭に血が上るまでに時間はかからなかった。

両者ともに立ち上がり、芦澤は「来い来い」と皇治を挑発。「お前が来いよコラ」と激しい言い合いが続くと、芦澤は皇治を制止するスタッフに「一旦離して」と依頼、皇治が歩を進め、近づいたところで芦澤に左キックを繰り出した。鈴木芳彦アナウンサーが「手を出さないように!!」と声を張り上げると同時に、芦澤の“乱闘”スイッチがオン。スタッフや登壇者複数人が止めるなか、頭に血が上った両者による激しい“乱闘”が繰り広げられた。

鈴木アナの「素手で殴り合うのはおかしい!それはダメです」との制止する声も聞き入れず、パンチを繰り出そうとする両者に「今同じ空間にいるのは危険なので……」と退場が言い渡された。

Advertisement


その後、壇上に戻った皇治は、殴られた頬を指さし「めっちゃキスマーク付けてきましたやんアイツ。最高のエンターテイメントを見せる、それだけです」と意気込みを語った。

対戦カード発表から波乱の幕開けとなったこのカード。MMAルールで発表されたが、果たして芦澤がこれを飲むのか、はたまたベアナックル戦に変更か、それともまさかの消滅か……今後の展開から目が離せない。

◆【実際の映像】「手を出さないように!!」鈴木芳彦アナウンサーも思わず絶叫……皇治と芦澤竜誠が異例の“大乱闘”で両者一発退場 「素手で殴り合うのはおかしい!」

◆【速報】「俺ベアナックル強いかも」“乱闘直後”の皇治が自信 芦澤竜誠のパンチを「キスマーク」と揶揄

◆朝倉未来、平本蓮、鈴木千裕らRIZIN勢は現在何位? 【最新世界フェザー級ランキング】

おすすめPR

META POG

Advertisement


Advertisement