【マーメイドS/追い切り診断】最高評価「S」は想定2桁人気の“穴馬” 見た目も数字も文句なしで「大駆けの可能性十分」

【マーメイドS/追い切り診断】最高評価「S」は想定2桁人気の“穴馬” 見た目も数字も文句なしで「大駆けの可能性十分」

第29回マーメイドS(16日/GIII、京都芝2000m)には、福永祐一厩舎の管理馬で川田騎手が手綱を取るエーデルブルーメ、西塚騎手で人馬とも重賞初Vを目指すホールネス、重賞連勝を狙うコスタボニータらが出走予定。

本記事では、出走各馬の追い切りを診断し「S」「A」「B」の3段階で評価した有力馬や穴馬をピックアップ。ここでは「ジューンオレンジ」を取り上げる。

◆【まとめ】芸能人・予想家の「マーメイドステークス2024」本命・注目馬予想一覧 前週“穴馬”指名で3着内の気になる◎は?

■ジューンオレンジ

【中間調整】昨年のフィリーズRで11番人気3着と激走し、アッと言わせた馬。16着に終わった桜花賞後は自己条件戦でジワジワと勝ちを重ね、今年からはオープンで走り始めている。シルクロードSが12着、京都牝馬Sが16着と短距離重賞では歯が立たない感じだったが、2走前の谷川岳Sが上がり最速で4着、前走のメイSは出遅れがあって着順こそ8着も、自身初の1800m戦で上がり最速をマークと中距離路線に活路を見出している。

2走前から1Fずつ距離を延ばし、休み明け3戦目としてもう1F延ばしたマーメイドSに進むのは当初からの予定通り。中3週の今回は在厩で調整され、5月29日の中間初時計では坂路2F25秒1(馬なり)と、さっそく軽快に動いた。疲れはなさそう。1週前追いではぴったり折り合ってから、坂路ラスト2Fラップ12秒8-12秒0(馬なり)と鋭く加速した。変に行きたがる面はなかったのは好感。

【最終追い切り】レース当週も長谷川師が騎乗し、坂路で単走。終い重点ではあるが、序盤からいい気合い乗りでブレのないフォームで登坂する。ラストまで真一文字の姿勢を保ち、楽々ラスト1F11秒9をマークした。

【見解】常に攻めではよく見せる馬だが、先週と今週の動きは絶品。気持ちの乗ったブレのほとんどないフォームという見た目上もそうだし、いい手応えのまま鋭くギアチェンジしての加速ラップという数字面も素晴らしい。長谷川師の“仕上げ名人”ぶりには舌を巻くばかりだ。距離延長路線を意識し段階を踏んでいるローテが好感が持てるし、攻めでもメリハリがあり、充実しているいまなら2000mはなんなくこなせそう。大駆けの可能性十分。

総合評価「S」

◆【マーメイドステークス2024予想/追い切り診断】伏兵上がり馬に“高評価” 名門厩舎の期待大「久々をまったく感じさせない動き」

Advertisement


◆【まとめ】芸能人・予想家の「マーメイドステークス2024」本命・注目馬予想一覧 前週“穴馬”指名で3着内の気になる◎は?

◆【まとめ】「マーメイドS」大口投票パトロール 有力馬の一角に異常投票で人気急上昇か

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)
【重賞深掘りプロジェクト】調教ライター。競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。UMAJINでは「競馬サロン」開設以前から毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。