Advertisement

【NBA】八村塁、9得点ながらチームの勝利に貢献 ビールは両チーム最多の33得点

ウィザーズ・八村塁(C)Getty Images
ウィザーズ・八村塁(C)Getty Images

米プロバスケットボールNBAワシントン・ウィザーズは4日(日本時間5日)、ホームのキャピタル・ワン・アリーナロサンゼルス・クリッパーズと対戦し、119-117で競り勝った。ウィザーズの八村塁はスタメン出場で32分6秒プレー、9得点、3リバウンド、1アシスト、1スチールだった。

◆【試合動画】ウィザーズ・八村塁の華麗な3ポイントシュート

ウィザーズは、第3Qまで87-87で同点も、ブラッドリー・ビールラッセル・ウェストブルックの得点で逆転。試合終了間際には、八村がフリースローを決め、勝利を手繰り寄せる貴重な追加点を挙げた。終わってみれば、ビールは両チーム最多となる33得点。

Advertisement

ウィザーズは10日(同11日)、相手ホームであるフェデックス・フォーラムメンフィス・グリズリーズと対戦する。

セルティックス戦に先発した八村塁(2021年2月28日) (C)Getty Images

【NBA】八村塁、今季最小の2得点 ウィザーズは土壇場で逆転負け

Advertisement

クリッパーズ戦で9試合連続2桁得点を記録した八村塁(2021年2月23日) (C)Getty Images

【NBA】ウィザーズ八村塁、9試合連続2桁得点もチームは4季ぶり6連勝逃す

文・SPREAD編集部

Advertisement


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします