【競馬】「金鯱賞」デアリングタクトの1枠は馬券圏内率わずか15.4% データ傾向「ローテ・脚質・世代・枠順・人気別」

3月14日に中京競馬場で開催される第57回金鯱賞(GII、芝2000m)の枠順が12日、JRAより発表された。昨年、無敗で牝馬三冠を達成し2020年度のJRA賞最優秀3歳牝馬にも選ばれたデアリングタクトは1枠1番、晩成メジロの血を継ぎ前走・ジャパンCは0秒3差の5着と善戦したグローリーヴェイズは4枠4番に入っている。

◆【データ傾向】「金鯱賞」ローテ・脚質・世代・枠順・人気別

■金鯱賞枠順

1枠1番 デアリングタクト(牝4、栗東・杉山晴紀) 松山弘平

2枠2番 サンレイポケット(牡6、栗東・高橋義忠) 秋山真一郎

3枠3番 ブラヴァス(牡5、栗東・友道康夫) 福永祐一

4枠4番 グローリーヴェイズ(牡6、美浦・尾関知人) 川田将雅

5枠5番 ギベオン(牡6、栗東・藤原英昭) 西村淳也

6枠6番 ジナンボー(牡6、美浦・堀宣行) 菱田裕二

7枠7番 キセキ(牡7、栗東・辻野泰之) M.デムーロ
7枠8番 ペルシアンナイト(牡7、栗東・池江泰寿) 大野拓弥

8枠9番 サトノフラッグ(牡4、栗東・国枝栄) C.ルメール
8枠10番 ポタジェ(牡4、栗東・友道康夫) 北村友一

【競馬】「フィリーズR」オパールムーンの8枠は過去10年で2勝 データ傾向「ローテ・脚質・枠順・人気別」

【競馬】「フィリーズR」過去175万馬券も飛び出た波乱のレースに、今年も穴馬が潜む

【競馬】「金鯱賞」デアリングタクトら有力馬追い切りジャッジ&狙える穴馬プラスワン!

【競馬】デアリングタクト、香港QE2世Cに予備登録 クロノジェネシスと牝馬頂上決戦も

【競馬】2020年中央競馬GI全レース結果&動画集 三冠馬3頭が激突した伝説のジャパンC

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします