【競馬】「フィリーズR」過去175万馬券も飛び出た波乱のレースに、今年も穴馬が潜む

今週は阪神競馬場でフィリーズR(芝1400m)が行われる。

チューリップ賞からはじまった桜花賞出走権をかけた戦い。18頭が揃うここは確たる中心馬不在、いかにも波乱含みといった印象を受ける。

データで紐解く今年のフィリーズR。過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをご覧いただきたい。

1.オパールムーンにとっての追い風は「父ヴィクトワールピサ」
2.ミニーアイルの鬼門は「馬券内率ゼロ」の前走1200m組
3.データが導く2021フィリーズRの穴馬候補は?

■オパールムーンにとっての追い風は「父ヴィクトワールピサ」

阪神芝1400mのファンタジーSで2着と、このコースへの高い適性を誇るオパールムーン

得意条件で迎えるここは絶好の狙い時にも思えるが、追い風となるデータをご紹介したい。

・芝重賞×距離短縮のヴィクトワールピサ産駒【3-6-2-12】

馬券率は47.8%。驚異的な好走率だ。

先日惜しまれつつ急逝してしまったネオユニヴァースを血を引く本馬。弔いの勝利を届ける可能性は考えておくべきだろう。

■ミニーアイルの鬼門は「馬券内率ゼロ」の前走1200m組

昨年産駒がデビューしたミッキーアイルの仔にあたるミニーアイル

これまで2勝と実績は十分、ハイペースが予想されるメンバー構成でその末脚は大きな武器となりそうだが、懸念すべきデータがこちら。

・前走1200m組【0-0-0-33】

33頭走って馬券圏内馬はゼロ。恐ろしいデータだ。

この馬自身、芝1400mのファンタジーSでは自身唯一となる掲示板外。鬼門といえる距離延長ローテ、超えるべき壁は高い。

◆データが導く2021フィリーズRの穴馬候補 アノ伏兵馬の不安要素を吹き飛ばすデータ

【競馬】「フィリーズR」オパールムーンの8枠は過去10年で2勝 データ傾向「ローテ・脚質・枠順・人気別」

【競馬】「金鯱賞」デアリングタクトら有力馬追い切りジャッジ&狙える穴馬プラスワン!

【競馬】「金鯱賞」デアリングタクトの1枠は馬券圏内率わずか15.4% データ傾向「ローテ・脚質・世代・枠順・人気別」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします