【プロ野球/セ・リーグ】マジック2のヤクルトは“お得意様”が相手、優勝を決める事ができるか

▼セ・リーグ対戦カード

■10/26:DeNA vs ヤクルト(横浜スタジアム)
■10/26:阪神vs 中日(甲子園球場)

◆【パ・見どころ】マジック3とした首位ロッテ、優勝へのカギは打線の奮起

■阪神は佐藤輝明の復活で奇跡を起こせるか

セ・リーグはヤクルトが3試合を残してマジック2。26日の試合でヤクルトが勝利し、阪神が敗れれば、ヤクルトの6年ぶり8度目となるリーグ優勝が決まる。ヤクルトは今季16勝6敗2分と大きく勝ち越しているDeNAと対戦。先発投手は中6日なら奥川恭伸、中5日なら高橋奎二となるが、両投手とも同間隔での登板はなく、15日の先発から中9日となる高梨裕稔が有力か。高梨は今季のDeNA戦で3試合に先発し、2勝1敗、対戦防御率2.93と上々の成績を残している。攻撃陣では山﨑晃太郎が17日のDeNA戦で2安打するなど、今季は対戦打率.318をマークしており、スタメン起用もありそうだ。

今季最終戦となる阪神は、本拠地・甲子園で今季14勝8敗2分と勝ち越している中日と対戦する。先発は10月3戦3勝で今季通算13勝、今季の中日戦5試合で1勝2敗、対戦防御率2.59の青柳晃洋が予想されるが、それ以外の投手陣もブルペン待機で総力戦を仕掛ける。10試合連続でスタメンマスクをかぶる坂本誠志郎のリードも鍵を握る。打線では24日の試合で約2ヶ月ぶりとなる本塁打を放った佐藤輝明が、中日戦は対戦打率.136、2本塁打ともっとも苦手としている。そのデータを覆す活躍をできるだろうか。奇跡の逆転優勝へ向けた大注目の一戦になる。

(成績は10月24日時点)

◆ヤクルト6年ぶりV王手 球団OBが「CSを考えると1位が必要」と言う理由とは?

◆なぜ鈴木誠也の評価は米国で高騰するのか 現地の声や成績面から見えた“真の強み”とは

◆【プロ野球】大躍進ヤクルトが警戒すべきは「捨て身の巨人」 理論派OB・秦真司が警鐘を鳴らす“CSの落とし穴”

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします