【北京五輪】「鷲のように飛んだ」ジャンプ金メダルの小林陵侑を海外メディアも称賛

金メダルを獲得した小林陵侑(C)Getty Images

北京五輪スキージャンプの男子個人ノーマルヒルで金メダルに輝いた小林陵侑。1998年長野五輪ラージヒルの船木和喜以来となる個人種目での頂点に立ち、今大会日本勢金メダル第1号となった。

日本ジャンプ陣に24年ぶりの金メダルをもたらした25歳の快挙を海外メディアも称賛した。

◆【画像】小林陵侑のジャンプを「鷲のように飛んだ」と称賛したオリンピック公式Twitter

■「最初から最後まで優雅なスタイル」

気まぐれな風も関係なかった。小林は向かい風に恵まれない中でも1回目104.5メートル、2回目99.5メートルをマーク。W杯上位勢が失速する中、飛形点でも高得点を叩き出し、合計275.0点で金メダルを手にした。

日本からノーマルヒル王者が出るのは、1972年の札幌五輪・笠谷幸生さん以来、50年ぶり(当時の競技名は70メートル級)。この快挙について、海外メディアも速報し、称賛した。オリンピック公式Twitterが「鷲のように飛んだ」とつづれば、米メディア「ESPN」は「最初から最後まで優雅なスタイル」とした上で、「最高のジャンプをした」と称えた。

また、フランスのAFP通信は有力選手たちが追い風に手を焼く中、「小林はライバルとは対照的に落ち着きを保ち、1本目でトップに立つと2本目もしっかりとまとめ、合計275.0点で優勝した」と伝えた。そのほか、ジャンプ種目に強いドイツの「DW sports」も「小林の大勝利」とツイートした。

五輪に初めて臨んだ前回18年の平昌では、個人ノーマルヒルで7位入賞。19年のW杯では13勝を挙げて初の総合優勝に輝いた。その後は腰痛に悩まされる時期もあったが、今季も「ジャンプ週間」で3シーズンぶりに頂点に立つなど好調をキープ。着実に身に付けた力が、北京で花開いた。

残りの個人・団体含めて、さらなるメダル獲得に期待がかかる。

◆【北京五輪】日本、大会初の金メダルは24年ぶりのジャンプ、小林陵侑が海外開催大会で偉業

◆小林陵侑、師匠・葛西の悲願も成就 原田総監督は「新しい歴史の金メダル」レジェンド感慨

◆【一覧】羽生結弦や小林陵侑だけじゃない…「Sports Illustrated」が選出した日本人メダリスト候補一覧

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします