【MLB】大谷翔平、史上初の「W規定到達」へ15勝目と35号弾でジャッジ猛追なるか 「3番DH・投手」でスタメン

今季7勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports
今季7勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は29日(日本時間30日)、本拠地で行われるオークランド・アスレチックス戦に「3番DH・投手」で先発出場する。

前日は第2打席で右前打を放ち、自己最長を更新する13試合連続安打をマーク。第3打席では左翼への35号の期待を乗せた大飛球を放ったが、高く打ち上がった打球は惜しくもスタンドには届かず、4打数1安打に終わった。

◆大谷翔平とアーロン・ジャッジ、「キャンプ中にトレード合意」とアナリストが爆弾発言

■15勝目と35号弾なるか

相手先発のコール・アービンは今季28試合に登板して9勝12敗、防御率4.05。エンゼルスとは今季3度対戦しており、ここまで3戦全敗だが、前回8月8日(同9日)の試合では8回5安打1失点の好投を見せた。負け越しがこむ先発相手に一発お見舞いしたいところだ。

大谷との対戦成績は、ここまで通算22打数(二塁打3本、本塁打2本を含む)7安打3打点、4三振。大谷は今季5月22日(同23日)の本拠地戦でアービンから飛距離443フィート(約135メートル)の大飛球を放ち日米通算150号をマークしている。

また投手としては、規定投球回到達まで残り9イニングに迫っており、この日を含みあと2回予定されている登板で規定数の「162回」に到達すれば、規定投球回と規定打席の投打での到達となり、ベーブ・ルースもなし得なかった史上初の快挙達成となる。

前日にはMVPを争うニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジが、ロジャー・マリス(ヤンキース)のア・リーグ記録に並ぶ61号アーチを放ち話題をさらった。

大谷は直近5試合で4勝を挙げるなどハイレベルな投球を続けているだけに、投打で存在感を発揮し、三冠王も視野に入ったライバルとの熾烈なMVP争いを勝ち抜くことができるか。今季15勝と35号に期待がかかる。

■今日のエンゼルス・ラインナップ

1番 3B レンヒーフォ   
2番 CF トラウト 
3番 DH 大谷  
4番 RF ウォード
5番 1B ダフィー 
6番 LF アデル
7番 C スタッシ
8番 SS ソト
9番 2B フレッチャー
SP  大谷

◆大谷翔平、打率.361に防御率1.50と躍動 まるで「ゲームのような数字」と地元ファン

◆「大谷翔平は今季15勝」とベーブ・ルースの孫が予言 “リアル二刀流”は「オオタニが初めて」と絶賛

◆MVPレースの重要指標WARで大谷翔平が猛追 アーロン・ジャッジ、61号前に足踏み続きで

試合情報

エンゼルス-アスレチックス
9月30日(金)10:38(日本時間)試合開始
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします