【MLB】大谷翔平、“恩師”栗山監督と共闘へ WBC出場表明「日本のファンの皆様の前で野球ができるのが楽しみ」

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は17日、自身のInstagramを更新し、2023年3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への参加意思を明らかにした。

◆“恩師”が明かす大谷翔平の仰天エピソード 栗山監督が米メディアで見解「信じられないところに彼のゴールがある」

■「来シーズンもどうか熱い声援よろしくお願いします!」

大谷はInstagramで「今年も応援ありがとうございました。結果としては悔しいシーズンでしたが日々楽しく野球ができたことに感謝しています! 来シーズンもどうか熱い声援よろしくお願いします!」とファンへのメッセージを投稿。続いて、WBCについても出場の意向を明言した。

「またシーズン中よりお話しいただいていたWBCの出場に関しましては栗山監督に出場する意思がある旨を伝えさせていただきました。

各国の素晴らしい選手や5年ぶりに日本のファンの皆様の前で野球ができるのを楽しみにしています!!」。

野球日本代表「侍ジャパン」の栗山英樹監督は、今シーズン中に渡米し大谷の出場試合を視察。また、エンゼルスのペリー・ミナシアンGMも大谷のWBC出場に前向きな姿勢を示していた。

◆“恩師”が明かす大谷翔平の仰天エピソード 栗山監督が米メディアで見解「信じられないところに彼のゴールがある」

◆大谷翔平、米国で繰り返し浮上するカマラニ・ドゥンとの恋仲説とその背景

◆公式サイトは「MVPは大谷翔平で決まり」と皮肉 サイ・ヤング賞最終候補漏れには不満たっぷり

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします