Advertisement

【Tリーグ】貫録勝利の伊藤美誠「欲はない」と本音も… 「自分たちは向かっていくのみ」とファイナル見据える

【Tリーグ】貫録勝利の伊藤美誠「欲はない」と本音も… 「自分たちは向かっていくのみ」とファイナル見据える
プレーオフファイナル進出に貢献した伊藤美誠 撮影:SPREAD編集部

ノジマTリーグ 2022-2023シーズン」は22日、代々木第二体育館でプレーオフ女子セミファイナルが行われ、トップおとめピンポンズ名古屋と日本生命レッドエルフが対戦。3-0で日本生命レッドエルフが勝利した。

◆「厳しい戦いが待っている」日本生命・村上恭和総監督が紐解く、Tリーグプレーオフ オーダー決めの極意も公開

■3番手で登場しストレート勝ち

3番手で登場し、南波侑里香を圧倒してストレート勝ちした伊藤美誠。試合後は、「自分たちはまだ(シンガポールから)帰ってきて2日くらいで私は昨日少し練習できましたが、この頑張って試合をした感じがよかったのかなと思います」とコメント。

また、「シンガポールでダブルスが終わってから少し休憩はできていて、移動だけだったので。ヨーロッパみたいに疲れもすごくは残ってないですけど、いっぱい寝れそうです。次の木下戦に準備できたらいいと思います」と遠征帰りの疲れを垣間見せつつも、茶目っ気たっぷりに語った。

26日のファイナルに向けては「そんなに欲はない」と卒直な思いを明かし、「どういう場面でものんびりリラックスしていることが一番だと思うので、次こそもっと接戦になるとは思うんですけど、チームみんなを信じてという気持ちもあるし、自分自身も信じて楽しみたいなと思う」と述べた。

レギュラシーズン首位の木下神奈川アビエルの印象について、「海外に(遠征選手が)2、3人いたとしても余ってる。6人くらい余ってる(笑)。誰でも勝つ可能性があるし、自分たちは向かっていくのみと正直思いますし、気持ち的には楽かなと思います」と実力を認めつつ、挑戦者として向かっていくと語った。

◆「厳しい戦いが待っている」日本生命・村上恭和総監督が紐解く、Tリーグプレーオフ オーダー決めの極意も公開

◆伊藤美誠 今季国際大会初V「野生の本能で戦っていた自分を取り戻したい」ベンチコーチ不在の理由

◆早田ひな 涙の三冠!逆転勝利で19年伊藤以来、女子史上4人目の快挙達成!【全日本卓球 女子シングルス】

Advertisement


文●SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします