Advertisement

【マイラーズC/追い切り診断】好調上がり馬一角に「B」評価 「さすがに物足りない」精神面に不安残る

【マイラーズC/追い切り診断】好調上がり馬一角に「B」評価 「さすがに物足りない」精神面に不安残る

■コレペティトール

【中間調整】昨年12月に阪神芝1800mの元町Sで後方から鋭く内を突いて勝利。そこから中4週で参戦したのが年明けの京都金杯だった。オープン昇級初戦とあって8番人気という評価に留まっていたが、実戦ではまた最後の直線でラチ沿いを巧みに突き、最後の最後でスルッと抜け出し重賞初勝利を果たしている。その京都金杯が叩き3戦目とあって、ひと息入れて春に備えることに。

放牧からの帰厩後は当初の予定通りマイラーズCを本線として順調に本数をこなしている。1週前の坂路単走では追ったほど弾けなかったが、もともと稽古駆けしない馬。予定通り強い負荷を掛けたこと自体は評価していいだろう。

◆【マイラーズカップ2024予想/追い切り診断】ソウルラッシュを超える「S」評価 「昨秋とは順調さで段違い」 さすがの厩舎力で勝ち負け必至

【最終追い切り】レース当週も坂路で単走。馬場の真ん中をまとまりのあるフォームで駆け上がる。ラストは手前の変換に少しモタつき、伸びもそこまでではなかったが、馬場が荒れた時間帯だったことを考えれば悪くない動きだったか。

【見解】前走時も攻めでは目立たず、それで勝利を収めるのだからいわゆる調教では判断しづらいタイプ。また中竹厩舎は坂路の馬場が荒れた時間帯に敢えて追う傾向にあり、ラストで伸びあぐねるのも情状酌量の余地はあるだろう。とはいえ、今回の動きはさすがに物足りない。2週続けて強い負荷を掛けられているので体調面は整っていそうだが、やはり気持ちが乗り切っていない印象がある。近2走の連勝は「中1週」「中4週」。それ以前の勝利も詰まった間隔で使われてのもので、中14週となる今回は割り引いて考えたほうがいいかもしれない。

総合評価「B」

マイラーズカップ2024 予想コラム一覧

特集

【特集】「1番人気想定のセリフォスに馬券内率80%」出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

【まとめ】芸能人・予想家の「マイラーズカップ2024」本命・注目馬予想一覧

Advertisement


“川田将雅・ルメール超え”の関西26歳騎手 「馬券内率52.9%」の京都外回り名人に熱視線

【高配当メソッド】上位人気ワンツー決着でも3連単28万馬券 5人気以内が堅実ながら“オイシイ”払い戻しも…

追い切り診断

【追い切り診断】ソウルラッシュを超える「S」評価 「昨秋とは順調さで段違い」 さすがの厩舎力で勝ち負け必至

【追い切り診断】セリフォスに迫る「A」評価 重賞初挑戦も侮れない“鞍上と息ピッタリ”の伏兵とは?

データ分析・過去傾向

【枠順傾向】“外枠でも”ソウルラッシュに鉄板データ該当 「馬券内率47%」の内枠勢に穴妙味あり

【データ攻略】ダービー卿CT組2頭に「2.2.1.0」と「0.0.0.7」 “鉄板級と即消し級”の明暗とは

【データ攻略】ソウルラッシュとセリフォスの「66 or 0%」 2強の片方に浮上する“バッサリ消し”の選択肢

Advertisement


【前走ローテ】セリフォスとソウルラッシュに勝率“0%” 軸候補は「3.0.0.1」該当馬

【血統予想】想定8人気以下が「馬券内率100%」条件合致 穴候補として“最高の買い時”

穴馬予想・その他コラム

【穴馬アナライズ】「開幕週の京都は絶好、トラックバイアスが激走サイン」 想定“6人気”前後の伏兵

【穴馬アナライズ】「世代屈指のポテンシャルあり、見限るには早計」 想定“10人気”以下の爆穴

【穴馬アナライズ】「4歳世代の新星出現、心身の充実でGI馬撃破も」 想定オッズ“20倍”前後の妙味

【危険な人気馬】人気を二分する実績馬を“消し” 「0.0.3.7」の不穏データで必勝条件クリアできず

「春の福島・最終週で買いたい」複回収値「986」の若手&伏兵こそ狙いのベテランは? “ベタ買い”推奨ジョッキー

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
【重賞深掘りプロジェクト】調教ライター。競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。UMAJINでは「競馬サロン」開設以前から毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。