「夏の福島で買いたい」スタミナ活かすゴルシ産駒など、「単回収値300超」の暑さに強い“ベタ買い”推奨種牡馬【馬券攻略コラム#012】

「夏の福島で買いたい」スタミナ活かすゴルシ産駒など、「単回収値300超」の暑さに強い“ベタ買い”推奨種牡馬【馬券攻略コラム#012】

今週から夏の福島がスタート。7月21日までの4週にわたって開催される。開幕週となる今週末は日曜が34度と猛暑予想。異常とも言える暑さは年々増すばかりだが、暑さに強い馬もいる。

ここでは、夏の福島開催で単勝回収値「100」以上、つまり、ベタ買いでもプラス収支となった種牡馬を紹介する。

◆【ラジオNIKKEI賞2024予想】「夏の隠れた出世レース、過去GI馬を輩出」出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

■迷わずベタ買いはダノンバラード

2021~23年を対象に、夏の福島芝レースにおいて20頭以上の出走があり、複数勝利を挙げて単勝回収値「100」を超えた種牡馬は以下の通り。

ダノンバラード【4.3.2.18】
└単14.8/複33.3/値379

ミッキーアイル【3.2.2.13】
└単15.0/複35.0/値324

スクリーンヒーロー【7.8.2.25】
└単16.7/複40.5/値199

ブラックタイド【5.2.0.20】
└単18.5/複25.9/値178

ダイワメジャー【7.5.0.35】
└単14.9/複25.5/値170

Advertisement


オルフェーヴル【4.1.2.18】
└単16.0/複28.0/値110

「夏のダノンバラード」と言ったように、気温の上昇とともに成績が向上するダノンバラードの産駒は福島で好調。夏競馬(6~9月)における同産駒の場所別成績を見ても回収値は福島が抜けている。

また早熟傾向にあり、新馬または2歳未勝利戦の成績は【3.3.2.10】勝率16.7%、単勝回収値437をマーク。複勝率も44.4%で回収値176とベタ買い推奨だ。小柄な馬が多いためか、その分オッズがもらえる。馬体重は気にしなくていい。

小回りの福島と言えばスクリーンヒーローというイメージを持つファンも少なくない。短いところから長いところまでどの距離においても、単勝または複勝回収値が100を超えるので押さえ必須だ。頭に入れておきたいのは「前走が東京だった馬」。その成績は【3.6.1.9】勝率15.8%、複勝率52.6%で回収値は単勝200、複勝147。得意コースに替わることで、6着以下からの巻き返しも多く、出走があれば積極的に買いたい。

2022年のラジオNIKKEI賞を制したフェーングロッテンはブラックタイド産駒。同産駒は2000m戦が【0.0.0.6】に対して1800m戦が【3.2.0.7】勝率25.0%、単勝回収値328と、1ハロンだが大きな差。2000m戦で凡走した6頭のうち半数は3番人気以内に支持されていたのを考えると、真価を発揮しやすいのは1800mと言えるだろう。

オルフェーヴル産駒は1800m以上なら【4.1.2.11】勝率22.2%、単勝回収値は152。上がり3Fが35秒台に突入しやすいコースであり、パワフルな末脚がフィットするようだ。

■福島はゴルシ産駒の庭

福島と言えばゴールドシップ産駒もよく走る。上記条件のうち、もっとも出走頭数が多く【10.5.6.45】と、勝利数は2位のスクリーンヒーローに差をつける。10勝中9勝が牝馬によるもので、牡馬【1.3.2.25】に対して牝馬が【9.2.4.20】勝率25.7%、単勝回収値175をマーク。中団より前で競馬した牝馬は【9.2.4.8】勝率39.1%にアップ。複勝率も65.2%で回収値は131と軸としても最適。スタミナを活かすような競馬ができるゴルシの娘が狙い。

Advertisement


また今年、注目度が高いキズナ産駒は【6.7.7.27】複勝率42.6%、複勝回収値130と、単勝回収値は100を切るが相手候補で妙味十分。基本的に切れ味勝負では分が悪い産駒が多いことから、福島コースはマッチする傾向だ。

◆【ラジオNIKKEI賞2024予想/血統展望】「3.1.0.2」を生む“ヘイローの血” 混戦ムードの軸候補に急浮上

◆【ラジオNIKKEI賞2024予想/高配当メソッド】ノーザンF生産が馬券内率13.5% 近5年で3連単“30万馬券”など高額払い戻し多発

◆【ラジオNIKKEI賞2024予想/危険な人気馬】重賞好走組の一角を“消し” 「0.0.0.21」の全滅データなど“馬券内ゼロ”条件該当馬は……