【ラジオNIKKEI賞/前日オッズ】3連単は万馬券が最低ライン 人気の盲点に「馬券内率41%」該当、波乱の使者なるか

ラジオNIKKEI賞2024の枠順
ラジオNIKKEI賞2024の枠順

JRAは29日、第73回ラジオNIKKEI賞(GIII、芝1800m)の前日最終オッズを発表した。

渋太い脚で青葉賞を5着したウインマクシマム(牡3、美浦・畠山吉宏厩舎)が単勝4.7倍で1番人気、好枠1枠を手にしたシリウスコルト(牡3、美浦・宗像義忠厩舎)が単勝6.3倍で2番人気。

以下、ショーマンフリート(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)が単勝6.5倍で3番人気、サトノシュトラーセ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)が単勝6.8倍で4番人気。

◆【ラジオNIKKEI賞2024予想】芸能人・予想家の本命・注目馬予想まとめ 宝塚記念で7番人気2着ソールオリエンス指名!

■混戦も勝ち馬は1桁オッズ

過去10年の勝ち馬10頭中9頭が、単勝オッズ9.9倍以下かつ5番人気以内の馬。このうち前走がGIを除くOPクラス組だと【7.1.0.10】勝率38.9%、単勝回収値245の成績。激戦の影響か全体で見てもGI組は過去10年で勝利なし。

OPクラスを経てここに出走し、上位人気に支持されるような馬は地力証明済みで信頼度が高いと判断できる。一方、単勝9.9倍以下かつ5番人気以内の馬で前走1勝クラス組は【2.2.2.11】勝率11.8%なので、相手候補までが無難。ウインマクシマムとサトノシュトラーセは勝ち負けに期待できそうだ。

2、3着が多いゾーンは単勝10.0~49.9倍で【1.7.7.57】。例年、少なくとも1頭は馬券に絡んでいる。このうち、9番人気以内で斤量53~54キロの馬は【1.6.5.17】複勝率41.4%、複勝回収値183をマーク。少し斤量に恵まれた馬がヒモ荒れを演出しやすい。54キロを背負うジュンゴールドログラールは当日の人気次第で押さえておきたい。

馬連は(6)ウインマクシマム-(12)ショーマンフリートが15.8倍、3連複は(6)ウインマクシマム-(8)サトノシュトラーセ-(12)ショーマンフリートが33.2倍、3連単は(12)ショーマンフリート→(8)サトノシュトラーセ→(6)ウインマクシマムが13.7倍で1番人気。混戦を極めるためか、3連単万馬券は最低ラインとなりそうだ。

■29日・前日最終オッズ

人気馬名単勝
1ウインマクシマム4.7
2シリウスコルト6.3
3ショーマンフリート6.5
4サトノシュトラーセ6.8
5ヤマニンアドホック7.7
6ミナデオロ12.7
7オフトレイル12.9
8アレグロブリランテ13.5
9ジュンゴールド14.5
10セットアップ16.3
11ログラール20.9
12メイショウヨゾラ21.7

※出馬表・結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発表のものと照合し確認してください。

Advertisement


◆【ラジオNIKKEI賞2024予想/追い切り診断】ショーマンフリートを超える最高評価「S」 ガス抜き完了で上昇気配「押し切る可能性十分」

◆【ラジオNIKKEI賞2024予想/大口投票パトロール】サトノシュトラーセの複勝に100万円か ヤマニンアドホックの複勝にも「高額投資」あり

◆【ラジオNIKKEI賞2024予想】「夏の隠れた出世レース、過去GI馬を輩出」出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

【随時更新】中京記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】変則日程で2年ぶりの「小倉開催」 出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の「中京記念2024」本命・注目馬予想一覧 函館記念“14人気3着”アウスヴァール指名の猛者現る

◆【高配当メソッド】1強ムードの年は1人気連対ならず 8勝挙げる“6人気以下”の伏兵たちが夏を盛り上げる

穴馬予想

◆【危険な人気馬】充実4歳馬を“消し” GI馬も撃沈多数、「1.0.0.14」が示すハンデの壁

過去10年傾向・データ分析

◆【全頭診断】前走馬券内の伏兵は「0.0.0.7」で“消し”も 穴妙味はローテ魅力の惨敗組

◆【枠順】今開催“複回収値500超”の好枠に穴馬 内優勢も「好走条件クリア」でむしろ評価を上げたい外枠勢は

◆【データ攻略】「3.0.0.0」該当の人気盲点 “もう買うしかない”推し材料に垂涎の眼差し

◆【データ攻略】軸不在の混戦断つ“馬券内率71%”ホース 人気一角には「0.0.0.11」の逆風

◆【前走ローテ】安田記念組に複回値「465」連対率“100%”データ 穴は小倉開催時「1.0.1.1」のGIII組