東京マラソン 井上大仁、30キロでペースダウン 日本新記録の大迫傑は「半端ない」

東京五輪マラソン男子代表最後の1枠を懸けた東京マラソンが3月1日、東京都内で行われた。

2018年アジア大会金メダルの井上大仁選手は2時間9分34秒で26位に終わり、五輪代表を逃した。

日本勢では日本記録保持者の大迫傑選手が自身の記録を更新する2時間5分29秒で日本勢トップの4位に入り、五輪代表に大きく前進した。

粘りの走りを見せた大迫傑に井上大仁も「半端ない」

撮影:山口和幸

東京マラソンでは従来の日本記録を1秒上回る2時間05分49秒をターゲットに設定。五輪代表に内定するためにはこのタイムを上回る必要があった

井上選手は序盤からハイペースで飛ばす30キロまでは日本人トップをキープし続けたが、ここからペースダウン。追い上げてきた大迫選手に33キロ付近で抜かれた。

レース後、井上選手は今日の走りについて「30キロまでが限界だった」とコメント。驚異的な粘りを見せた大迫選手に「この距離でこれだけ元気なのは半端ない」と脱帽した。

≪関連記事≫

大迫傑が日本記録更新「ベスト尽くせた」 東京五輪に前進

設楽悠太、東京マラソンは「そんなに深く考えず、自然に走れるように」 いつものスタイルで臨んだ事前会見

大迫傑、東京マラソンは「誰よりも速く走ることに集中する」 MGCで感じた“悔しさ”

東京マラソン財団、一般ランナー参加中止は英断

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします