設楽悠太、東京マラソンは「そんなに深く考えず、自然に走れるように」 いつものスタイルで臨んだ事前会見

マラソンの前日本記録保持者、設楽悠太選手(Honda)が2月28日、2日後に迫った『東京マラソン2020』への決意を独特の口調で語った。

最大のライバルは同学年で現日本記録保持者大迫傑選手(ナイキ)。MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)で2020東京五輪マラソン男子日本代表の出場枠を逃し、最後の1枠を争う直接対決となった。

今回の『東京マラソン2020』は異例だ。新型コロナウイルスの拡大懸念もあって超人気の一般クラスが参加不可に。

MGCファイナルチャレンジとして、2020東京五輪マラソン男子日本代表の最後の1枠を懸けたエリートレースとエリート女子、車イスクラスだけが行われることになった。

日本中が関心を寄せる男子エリートクラスでは、3月8日のびわ湖毎日マラソンと合わせて、日本新記録相当の2時間05分49秒を上回り、最も速いタイムを出した選手1人が五輪代表に内定する

その記録を上回る選手がいなかった場合、MGC3位の大迫選手が東京五輪代表となる。

「そんなに深く考えず、自然に走れるように」

撮影:山口和幸

「9月のMGCで東京五輪内定をつかめなかったのは正直悔しい。悔しさ半分、やりきったという気持ちが半分ですね

もちろん設楽選手にとって今回の東京マラソンは正念場だ。ただし、初マラソンだった2年前の『東京マラソン2018』で、当時の日本記録となる2時間06分11秒で走った実績があることを忘れてはいけない。

「2年前の東京マラソンでは、日本記録を更新しようなんて思っていませんでした。それでも沿道の大観衆の声援が僕の背中を押してくれた。頑張ってよかったと思っています」

2年前のこの事前会見では、「2時間を切る」と目標タイムをフリップに書いて会場をざわつかせた。多くの記者が設楽流のハッタリと感じたが、それでも見事な日本新で周囲の雑音を封じ込めている。

撮影:山口和幸

今回も「そんなに深く考えず、自然に走れるように」という設楽流。

自分は特にレースプランや目標タイムを決めて走るタイプではない」とは言いながら、「自然に走っていい感じなら記録もついてくる」と淡々とした口調で続けた。

その記録は同年のシカゴマラソンで大迫選手に破られた。2年ぶりの東京マラソン参戦では、今度はどんな発言をするのか? 記者会見では海外強豪選手が強気の発言をする中で、設楽選手はいつものスタイルを崩さなかった。

東京五輪への意気込みを記者団に質問されても、「選ぶ立場にないのでなにもコメントすることはないですが、まずは東京マラソンを楽しんで走りたいと思います」とさらりと受け流している。

それでも新型コロナウイルスによる相次ぐスポーツイベント中止の余波には心を痛めていて、「今回は一般ランナーのみなさんが参加できないことになってしまった。自分にとってのマラソンは、沿道で応援してくれる人はもちろん、一般ランナーとすれ違うことで力になってきたので」と苦しい心境を吐露する。

そして最後に、「全力で頑張っていきたいと思います」と結んだ。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします