【プロレス】58歳・武藤敬司がノアに電撃入団決定「俺の骨の髄までしゃぶって」

ノアへの入団が発表された武藤敬司(2020年3月15日)(C)Getty Images

プロレスリング・ノアを運営する株式会社CyberFightは15日、都内で会見を行い、GHCヘビー級王者武藤敬司のノア入団を発表した。

1984年に新日本プロレスでデビューした武藤は現在58歳。全日本プロレスをはじめ、数々の団体のリングを渡り歩いてきた。12日に行われたノア・日本武道館大会では、潮崎豪をフランケンシュタイナーで撃破し史上最年長でGHCヘビー級王者のベルトを手にしたばかりであった。

◆【画像】武藤敬司、GHCのベルトとともに「おなじみのポーズ」&自宅での勝利の美酒

■ノアについては「こういう団体で試合をしたいなと」

会見でノアと2年契約を結んだことを明らかにした武藤は、「コロナ禍でプロレス界も非常に大変な中、ノアと契約ができたことを非常に嬉しく感じています。未来のことはわからないけど、もしかしたらこのリングで朽ちていくのかもわからないですが、契約したからには、この団体に俺の骨の髄までしゃぶってもらいたいと思っています」と力強く決意を表明した。

共にプロレス界を盛り上げてきた故・三沢光晴が設立したノアへの入団については「多分、三沢社長が築き上げたときのノアとだいぶ違っている」としながらも、「コロナ禍の中でも非常に未来を感じさせる興行をしていた。コンテンツの素晴らしさとか、こういう団体で試合をしたいなと思いました」と率直に語った。

盛り上がりを見せるプロレス界を象徴するかのように、還暦目前ながら武藤の勢いはとどまることを知らない。

【プロレス】女優・阿川祐未がなぜ「プ女子」に リングアナという“舞台”を選んだ理由

「いつかWWEで」今井絵理子さん長男・礼夢選手がプロレスデビュー そして師匠が語る「プロテスト合格秘話」

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします