【野球】オープン戦、“ドラ1”ルーキー3投手の先発プレーバック 楽天・早川は4回被安打8の3失点

プロ野球は7日、オープン戦のデーゲーム6試合が行われ、日本ハム・伊藤大海、ロッテ・鈴木昭汰、楽天・早川隆久など、ドラフト1位の投手が先発した。

◆【動画】楽天・早川 vs 中日・根尾 粘って技ありタイムリーの根尾に軍配

■日本ハム・伊藤大海(23歳、苫小牧駒大)

日本ハム 1 - 4 巨人(札幌ドーム)
2回二死、ウィーラーに詰まりながらレフトへヒットを許すと、松原に四球、秋広優人にレフトへ運ばれて二死満塁。1番・梶谷のタイムリーで先制点を奪われた。3回には二死1塁で大城にタイムリーツーベースを浴びて3失点。ランナーを背負ってからの投球に課題が残った。一方、対する巨人も、2018年ドラフト1位の高橋優貴が先発し、4回2/3を投げて、被安打2の無失点と好投。

▼伊藤大海の投球成績
投球回:4回
球数:69球
被安打:4
奪三振:2
与四球:3
失点:3

■ロッテ・鈴木昭汰(22歳、法大)

ロッテ 2 - 4 西武(ZOZOマリン)
4回を投げて被安打5の2失点。2回表二死、 岸に2ベースを打たれると、続く 佐藤にセンターへのタイムリーを許す。4回には先頭打者の木村に内野安打で出塁され、立て続けに牽制で足を警戒。岸に再びセンター前へヒットを打たれ、一死1、3塁のピンチ。ここで2回にタイムリーを打たれた佐藤の打席となり、ショートゴロの間に1点を追加される。味方の援護にも恵まれず敗戦。

▼鈴木昭汰の投球成績
投球回:4回
球数:64球
被安打:5
奪三振:2
与四球:1
失点:2

■楽天・早川隆久(22歳、早大)

中日 3 - 2 楽天(バンテリンドーム)
中日のエース・大野雄大との対決。2回に平田、木下と連続でセンターへヒットを打たれ、二死1、2塁で、根尾にレフトへの先制タイムリーを許す。4回に味方の攻撃で逆転したが、その裏、二死2塁の場面で、木下に2ベースで同点、続く武田にもタイムリーを打たれて勝ち越された。4回を投げて被安打8の3失点。初回のピンチは切り抜けたが、その後、ランナーを貯めて打たれた。

▼早川隆久の投球成績
投球回:4回
球数:72球
被安打:8
奪三振:4
与四球:0
失点:3

迫力満点! 佐々木朗希の剛球シート打撃動画、ロッテ広報室も驚く大反響

気になった田中将大の首振り…元捕手の専門家が懸念する相棒・太田の過度な“気遣い”

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします