【MLB】大谷翔平、オールスター初安打! 第1打席でカーショーからセンター前 イチロー、松井秀喜に次ぎ日本人3人目

オールスター第1打席でカーショーから初ヒットを放った大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

MLBオールスターが19日(日本時間20日)ドジャースタジアムにて開催され、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平はア・リーグの「1番DH」で出場。第1打席はサイ・ヤング賞に3度輝いたクレイトン・カーショーと対戦し、センター前にヒットを放った。

◆【実際の映像】大谷翔平、カーショーから球宴初安打 初球をセンター前へ

■けん制死でアウトになり盗塁はならず

大谷は1回表の第1打席にカーショーの投じた初球の90.9マイル(約146キロ)の速球を捉えるとボールはセンター前へ。MLBオールスター2度目の出場にして自身初安打を放った。イチロー、松井秀喜に次ぐ日本人3人目のMLBオールスターでのヒットとなった。

先頭打者として出塁した大谷だったが、けん制死でアウト。得点へ繋げることはできなかった。

◆大谷翔平、オールスター初安打もまさかのけん制死

◆大谷翔平の“紳士対応”が「スーパースター」 球宴で大人気「選手にとって憧れ」

◆大谷翔平は“ミス”も絵になる!? 苦笑いも「牽制死した時ですら愛らしい」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします