【MLB】大谷翔平、オールスター初安打もまさかのけん制死

オールスター第1打席でカーショーから初ヒットを放った大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

MLBオールスターが19日(日本時間20日)ドジャースタジアムにて開催され、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平はア・リーグの「1番DH」で出場。サイ・ヤング賞に3度輝いたクレイトン・カーショーと対戦、第1打席で自身オールスター初となるセンター前にヒットを放った。リードオフマンとして盗塁も期待されたものの、虚をつかれまさかのけん制死となった。

◆【実際の映像】大谷翔平、カーショーから初ヒットもまさかのけん制死

■カーショーからも自身初ヒット

大谷は1回表の第1打席にカーショーの投じた初球のフォーシームを捉えるとボールはセンター前へ。MLBオールスター2度目の出場にして自身初安打を放った。イチロー、松井秀喜に次ぐ日本人3人目のメジャーでのヒットとなった。なお、大谷は公式戦でカーショーに対し8打数無安打と抑え込まれており、球宴の舞台で初めてヒットを記録した。

先頭打者として出塁した大谷だったが、けん制死。NHKの中継では侍ジャパンの栗山英樹監督から走塁用グローブを装着していなかった点について指摘があり、「忘れて来たんじゃないですか」と、むしろ盗塁の意志がなかったのではと、ジョークも出た。

◆【実際の映像】大谷翔平、カーショーから球宴初安打も… けん制死で盗塁ならず

◆大谷翔平、一問一答 レッドカーペットショーのド派手衣装は「見ている分には楽しい」

◆レッドカーペットで大谷翔平vs.佐々木朗希について質問受ける 「真っ直ぐが速い」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします