熊本地震から2年…ジェフ千葉・清武功暉が熊本へメッセージ「サッカーで勇気と元気を与えられるように」

ジェフユナイテッド市原・千葉のMF清武功暉選手がインスタグラムを更新して、発生から2年が経った熊本地震に対して、被災地にメッセージを送った。

サッカーで勇気と元気を与えられるように

2016年4月16日に発生した熊本地震は、最大震度7を観測する非常に強いものだった。

熊本地震が起こったとき、清武選手はロアッソ熊本に期限付き移籍しており、この揺れを直に体験している。

「熊本地震から2年」のタイトルで更新した清武選手は、子供たちとサッカーで触れ合う写真を載せ、「サッカーで勇気と元気を与えられるように、これからも頑張っていきます!共に頑張りましょう!」と熊本を元気づけた。

清武選手の投稿にフォロワーからは、「いつも清武選手からサッカーで勇気と元気をもらっています」「地震からもう2年ですね」「ありがとう 清武功暉選手。熊本から ずっと応援しています」「熊本の方も励まされてることと思います」などのコメントが寄せられている。

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします