Advertisement

【RISE × SHOOT BOXING】原口健飛、宿敵GLORYの世界強豪に“リベンジ”V 来場した武尊と皇治に「勇気もらった」

 

【RISE × SHOOT BOXING】原口健飛、宿敵GLORYの世界強豪に“リベンジ”V 来場した武尊と皇治に「勇気もらった」
撮影:SPREAD編集部

立ち技格闘技イベント「RISE WORLD SERIES / SHOOTBOXING-KINGS 2022」は25日、東京・両国国技館で行われ、第17試合のメインイベント「原口健飛vs.セルゲイ・アダムチャック」は、原口健飛が判定3-0で勝利した。

本大会で実施された「RISE × GLORY」対抗戦は原口の前でRISE陣営は2勝3敗。大トリを務めた原口がRISEの意地を見せ、大将戦で3勝3敗のドローに持ち込んだ。原口はキック通算27戦23勝(13KO)3敗とした。

◆【実際の映像】元K-1王者・武尊、「RISE」会場にサプライズ登場 ピーター・アーツとの抱擁にファン歓喜

■原口「プレッシャーもありました」

昨年11月と今年4月の二度、現GLORY世界フェザー級王者ペットパノムルン・キャットムーカオに敗れていた原口が、第2代GLORY王者に“リベンジ”を果たした。

第1ラウンドから両者、近距離戦での攻防。序盤はセルゲイのパワーが圧倒したが徐々に原口のタイミングが合ってくる。第2ラウンドは完全にリズムを掴んだ原口。第3ラウンドも完全に原口のペース。セルゲイは前に出るも焦りが見え始め、原口が上下に散らすコンビネーションで圧倒した。判定の結果は、3-0のフルマークで原口が勝利となった。

原口は試合後のマイクで「まずはセルゲイ・アダムチャック選手。急なオファーを受けていただき、ありがとうございます」と、ザカリア・ゾウガリーの負傷欠場により、代役を受けたセルゲイに感謝を述べた。

続けて「正直、自分がメインでいいのかな、という思いもありましたし、プレッシャーもありましたが、ホッとしています」と勝利を噛み締め、「武尊選手、しっかりと観てくれてありがとうございます。皇治さん、勇気をもらいました」と、来場した元K-1のスター選手たちに感謝の言葉を綴った。

◆【RISE WS / SHOOTBOXING-KINGS 2022/全20試合をプレーバック】那須川天心の弟・龍心、鈴木真彦vs.志朗、白鳥大珠、山田洸誓etc.

◆【RISE × SHOOT BOXING】“SBの最高傑作”海人、GLORY世界ライト級1位に苦戦も判定2-1で「15連勝」

Advertisement


◆【対談】「RISE」伊藤隆代表、「SHOOT BOXING」緒形健一代表が目指す“次世代の格闘技興行”、クリスマス開催のビッグマッチを読む

文●SPREAD編集部