【MLB】公式サイトが選出した2023年シーズン有望株10選手に吉田正尚 「ブライス・ハーパーになりえる」

 

吉田正尚
レッドソックスでは1番打者として期待される吉田正尚(C)Getty Images

MLB公式サイトは3日(日本時間4日)、「まだTOP10プレーヤーではないが、ちょっと待て」という見出しで記事を掲載。今季活躍が期待される有望株10選手をピックアップ。そこにはボストン・レッドソックスに移籍した吉田正尚も取り上げられた。

◆大谷翔平に650億円を上回る“スポーツ界史上最高額”オファー か メッツの大富豪オーナーが獲得へ本気モードと米紙指摘

■ハーパーのように得点能力の高い打者

「吉田はMLB最初のシーズンで何を成し遂げるか」という疑問文から始まる解説では「彼は次のイチローになることは期待されていない。しかし、ブライス・ハーパーのように得点力の高い選手になるかもしれない」と2015年、21年と2度MVPに輝いたフィラデルフィア・フィリーズの強打者になぞらえた。

公式サイトは吉田のコンタクト・スキルに高評価を与え、その選球眼とパワーにも言及している。プロ野球7シーズンで打率/出塁率/長打率が.327/.421/.539であった点、過去2シーズン20本以上のホームランを記録している点に加え、四球の数が三振の倍以上と、吉田の長所を紹介した。

セイバーメトリクスの指標、打席あたりの得点能力を示すwRC+(weighted Runs Created plus)では、平均的な打者を100とする。これは打撃傑出度と日本語では訳され、打席あたりの得点創出の多さを平均的な打者を100とした場合のパーセンテージで表した指標。吉田はこの指標において140 wRC+を期待されている。これはヒューストン・アストロズのヨルダン・アルバレス、セントルイス・カージナルスのタイラー・オニールと同様の評価。

同記事は、吉田の課題はとにかく1日でも早く新しい国とリーグに慣れることであり、こればかりは誰にも予測できないと結ばれている。

はたして吉田は、どんな成績を残すのか。ワールド・ベースボール・クラシックでも、その実力を見せつけ、MLBに殴り込み…と行きたいものだ。

◆【WBC】特集:“史上最強”侍ジャパンが世界一奪還へ 対戦カード・日程・放送予定・メンバー一覧

◆吉田正尚はやはり「1番・左翼」か 地元メディアがレッドソックスの今季予想スタメン発表

Advertisement


◆「大谷翔平の妻、カマラニ・ドゥンって誰…」 ハワイでは市議会から栄誉賞授与

文●SPREAD編集部