Advertisement

【WBC】米メディアが優勝オッズ発表 侍ジャパンは投手力評価、識者は“大本命”の問題点指摘「不運に見舞われた」

 

【WBC】米メディアが優勝オッズ発表 侍ジャパンは投手力評価、識者は“大本命”の問題点指摘「不運に見舞われた」
侍ジャパンのヌートバーと大谷翔平(C)Getty Images

野球の世界一を決める「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC」(WBC/ワールド・ベースボール・クラシック)が3月8日から開幕する。米メディアが運営する『FOX Bet Live』が同大会の優勝オッズを公開している。

◆侍ジャパン中継の“豪華解説者”一覧 「うせやろ×4連発」に続くトレンドワードに期待

■上位3カ国による争いを予想

現地時間2日に公開された優勝オッズで、首位はドミニカ共和国の2.0倍。アメリカが2.75倍で2位に続き、日本は3.0倍で3位。4位タイのベネズエラと韓国(9.0倍)からは差をつけており、戦前では上位3カ国の争いになるという見方が強い。

『FOX Bet Live』の公式ツイッターは「日本はWBCにおいて最も才能を有したチームであり、最も豊富な投手陣を備える。彼らは準々決勝において、ホームアドバンテージを得ている」と言及している。

また、アナリストのエドワード・エグロスは、「ドミニカ共和国、アメリカ、日本がこのトーナメントの上位にいる」と3カ国の優位性を主張しつつ、「ドミニカ人は、プエルトリコとベネズエラがいるプールDを引き当てる不運に見舞われた。他の3つのプールにはそのような競争は存在しない」と述べ、優勝候補であるドミニカ共和国も安泰ではないと見立てている。

8日に開幕するWBCにおいて、第5回の王者となるのはどこか。世界一をかけた戦いが始まろうとしている。

■参加20カ国の優勝オッズ

1位:ドミニカ共和国 2.0倍
2位:アメリカ 2.75倍
3位:日本 3.0倍
4位:韓国 9.0倍
4位:ベネズエラ 9.0倍
6位:メキシコ 16.0倍
7位:プエルトリコ 18.0倍
8位:キューバ 35.0倍
9位:チャイニーズ・タイペイ 100.0倍
9位:オランダ 100.0倍
9位:イタリア 100.0倍
9位:カナダ 100.0倍
13位:コロンビア 150.0倍
13位:オーストラリア 150.0倍
15位:パナマ 250.0倍
16位:イスラエル 350.0倍
17位:チェコ共和国 400.0倍
17位:ニカラグア 400.0倍
17位:中国 400.0倍
17位:イギリス 400.0倍

◆年俸格差で眺める6年ぶり世界一大会 日本は148億、ドミニカ共和国は254億、米国は…

◆侍ジャパン 日程、トーナメント表、中継情報、対戦国情報、試合結果一覧

Advertisement


◆「大谷翔平の妻、カマラニ・ドゥンって誰…」 ハワイでは市議会から栄誉賞授与

文●SPREAD編集部