お寿司大好きな日ハム・レアードも大満足!野球選手にファンが多い焼き肉店

元プロ野球選手の大西宏明さんがインスタグラムを更新して、自身の経営する焼き肉店に日本ハムファイターズのブランドン・レアード選手が訪れたことを報告した。

ホームランを打ったとき、寿司を握るような素振りを見せる“寿司ポーズ”が有名なレアード選手だが、大西さんは「#お寿司 #大好き #寿司ポーズ #焼肉 #たまにはね」とハッシュタグを添えて投稿。

楽しい時間を過ごせたのか、レアード選手も満面の笑みで写真撮影に応じていた。

野球選手や関係者が多く訪れる焼き肉店

2002年のドラフトで、近畿大学から大阪近鉄バファローズ(現:オリックス・バファローズ)に入団した大西さんは、2011年まで現役を続けたのち引退。

翌年から大阪の心斎橋で焼き肉店『笑ぎゅう』を始めた。

大西さんの焼き肉店には、大阪に遠征した選手や野球関係者もよく訪れる。

4月4日には千葉ロッテの李杜軒選手、井上晴哉選手、三木亮選手が来店した。李選手とはソフトバンクホークス時代のチームメイトでもあり、久しぶりの再会を喜び合った。

また「#野球界の助っ人の皆様 #直接面識ないのに #いつも有難うございます」と、外国人選手にも大西さんのお店のファンは多い様子。

特に中日ドラゴンズのダヤン・ビシエド選手は「#何気に常連様」というくらい、何度も足を運んでいるようだ。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします