中田英寿、公式Youtubeチャンネルで現役時代のスーパープレー集を公開 伝説の欧州デビュー戦を振り返る

元サッカー日本代表・中田英寿さんの公式YouTubeチャンネル「Hidetoshi Nakata Official」は12月26日から、新シリーズ企画「中田英寿スーパープレー集」を公開した。

「中田英寿スーパープレー集」は、「中田英寿『20年目の旅』」に続く新シリーズ企画。「中田英寿『20年目の旅』」で周ったセリエA時代の所属各チームと連携し、現役時代のスーパープレーゴールなどを特別企画の総集編としてコンテンツ化する。

第1弾として26日5時から「中田英寿スーパープレー集#01 | ペルージャ| HIDETOSHI NAKATA Super Play #01 | Perugia |」を公開。今後も順次公開を予定している。

ユベントスから2ゴール奪った伝説の欧州デビュー戦を振り返る

中田英寿スーパープレー集」は、中田さんが1998年~2006年までの現役生活の中で見せた過去のプレー集を、それぞれのチームでのプレーごとに総集編として公開するシリーズ。26日に公開された第1弾コンテンツでは1998年~1999年まで在籍したペルージャでのプレー集を届ける。

1998年のフランス・ワールドカップに日本代表で出場したあと、中田さんには欧州のクラブから複数のオファーが舞い込んだ。そのなかで実際にクラブの環境を見て「金銭的な意味ではなく、サッカーをやる条件で一番良かったのがペルージャだった」とセリエ挑戦を決めた。

いまでこそ欧州でプレーする日本人は増えたが、当時はほとんど成功例のない試みだった。周囲から「何が出来るんだ」と興味本位で見られながらのプレーを、中田さんは「それがいい緊張感になった」と振り返る。

開幕戦でペルージャは前年王者のユベントスと対戦した。当時のセリエAは世界中から選手が集まる世界屈指のリーグ。ユベントスにはアレッサンドロ・デル・ピエロ選手、フィリッポ・インザーギ選手、ジネディーヌ・ジダン選手など、当時のサッカー界を代表する一流選手がそろっていた

試合は格上のユベントスが連続ゴールで突き放す展開になる。だが中田さんの2ゴールで追い上げて肉薄。最後はユベントスが地力を見せて振り切ったが、この一戦で中田さんの名前はイタリア中に広まった

中田英寿プロフィール

1977年生まれ。山梨県出身。1995年Jリーグ入団、98年にイタリアセリエAのA.C.ペルージャに移籍。以後、8シーズンにわたって欧州トップチームで活躍し、W杯に3大会連続出場。

引退後は、全国47都道府県をめぐり、日本文化の魅力を伝え支援するプロジェクトを多数手掛ける。

2015年、「株式会社JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」を設立。現在、日本酒や伝統工芸に関する事業を展開。スペシャルオリンピックス国際本部グローバルアンバサダー、スポーツを通した社会貢献活動を支援する「HEROs」アンバサダー、国際サッカー評議会アドバイザリーパネルを務める。

≪関連記事≫

中田英寿が日本酒文化の魅力を語る 酒蔵を訪問、対談する番組が放送決定 

中田英寿の公式YouTubeチャンネルが開設 現役時代のエピソードなど“全て”を全世界に発信

中田英寿、新たなキットカットは柚子酒 「今までで1番出来の良いものができた」

中田英寿らがパラスポーツを体験 「スポーツの力を使って、社会に対してどういうことができるか」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします