秋山翔吾、緊張のオープン戦デビューも第1打席でヒット「肩の力が抜けた」

シンシナティ・レッズの秋山翔吾選手が、シカゴ・ホワイトソックスとのオープン戦に1番・中堅手で先発出場し、3打数1安打のデビューを飾った

リードオフマンとして期待がかかる秋山選手は1回無死で登場。2球目の速球を捉えた打球がセンター前に落ち、オープン戦初打席でヒットを記録した

第2打席は2死一、二塁で先制のチャンスだったが、スライダーを打ってセカンドゴロに倒れている。4回の第3打席は1死一、二塁でファーストゴロだった。

初ヒットで「肩の力が抜けた」

とても緊張していたけど、最初のヒットで肩の力が抜けた」と秋山選手。実戦デビューで「ボールをたくさん見ることができてよかった」と収穫を口にする。

4回に盗塁を試みて失敗したことについては「できればしたかったですけど」とはにかみ、「試合のなかでああいう動きができたのはよかったと思うので、次は成功できるようにしようかなと思います」と今後もチャンスがあれば狙っていく姿勢を見せた。

メジャーリーグ公式サイトMLB.comは、新天地での挑戦を始めた秋山選手が「新しいチーム、クラブハウス、練習中のグラウンドで上手くやっている。選手たちは彼と英語でコミュニケーションが取れている」とチームに馴染んでいる様子をリポートした。

(c)Getty Images

≪関連記事≫

筒香嘉智は「レイズの成功を大きく左右する」 MLB公式サイトが注目

ツインズ加入の前田健太、地元メディアのインタビューに『ポケトーク』で 翻訳精度に驚き

イチロー、マリナーズ開幕戦の始球式登板が決定 MLB公式戦でも投げた「投手イチロー」の活躍を振り返る

秋山翔吾がキャンプ地入り 「ハロー、グッドイヤー」 米メディアの成績予想システムはレッズの地区優勝を予想

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします