ツインズ加入の前田健太、地元メディアのインタビューに『ポケトーク』で 翻訳精度に驚き

春季キャンプ直前にロサンゼルス・ドジャースから、ミネソタ・ツインズにトレードされた前田健太投手。キャンプ地のフロリダ州フォートマイヤーズで、ツインズの地元メディア『KARE11』からインタビューを受けた。

このインタビューで主役になったのは翻訳機『ポケトーク』だった。急きょ加わった前田投手にインタビューするため、記者のエリック・パーキンスさんは翻訳機の力で言語の壁を乗り越えようとする

パーキンスさんが英語で吹き込んだ言葉をポケトークが翻訳。前田投手は質問が「今シーズンは何を期待していますか」と日本語へ翻訳されたことに少し驚いた様子を見せた。

前田投手が「今シーズンは、ワールドチャンピオンになれるよう頑張ります」と答えた日本語も、ポケトークは英語にしてくれる。

前田投手、パーキンスさんはその翻訳精度を楽しみながらグータッチ。

ファンは帽子の「C」にカープを連想

今季は慣れ親しんだロサンゼルスから活躍の場をミネソタへ移す。昨季のツインズは強力打線の援護もあり先発ローテーション全員が2桁勝利を達成した。前田投手も勝ち星を伸ばしていきたい

インスタグラムでは2月21日にツインズのユニフォーム姿を公開。ファンに「似合ってますか?」と尋ねると「帽子のCが赤なのがいいね!」「帽子に”赤いC” がある!感動です」「キャップがカープのCにしか見えないです」など、帽子のマークが日本時代に所属した広島カープを連想させるというコメントが寄せられた。

≪関連記事≫

イチロー、マリナーズ開幕戦の始球式登板が決定 MLB公式戦でも投げた「投手イチロー」の活躍を振り返る

イチローがマリナーズの春季キャンプでノック 現役時代と同じ背番号「51」で登場

秋山翔吾がキャンプ地入り 「ハロー、グッドイヤー」 米メディアの成績予想システムはレッズの地区優勝を予想

マイク・トラウト、母校の新キャプテンにユニフォームを手渡し

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします