【MLB】大谷翔平イラスト、米紙にデカデカ登場 お気に入り漫画『MAJOR』と“コラボ”

エンゼルス・大谷翔平 (C)Getty Images

現地23日(日本時間24日)、本拠地アナハイムでのオークランド・アスレチック戦に代打で出場したロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平選手。いったんは同点に追い付く犠飛を放ち、8回からは右翼の守備にも就くなど、ベンチスタートだったこの日も大いに存在感を発揮した。

■弾丸犠飛に解説者は日本語で「スゴイ!」

3-4と1点を追う7回1死満塁。コールされたのは「代打・大谷」。満を持しての登場に、スタジアムは大興奮に包まれた。左腕ガダンの内角直球を芯で捉えた大谷の打球は、右犠飛となり同点に追い付いた。打球速度110.9マイル(約178.5キロ)の弾丸ライナーで、現地の中継局も「スゴイ!」と思わず日本語で叫んでいた。

◆【動画】ギュイーンと飛んでいく、これが大谷翔平の打球速度110.9マイル(約178.5キロ)弾丸ライナー

エンゼルスのマドン監督が試合後、「ベンチから見ていたらスコアボード直撃の満塁アーチだと思った」と話したほど会心の当たりで、もう少し角度が付けば本塁打になっていただろう。先発から外れてニュース、代打に出てニュース、守備に就いてニュースと、大谷の周囲は落ち着く気配がない。

■「ロサンゼルス・タイムズ」での特集

この日は、米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」が漫画風のイラストを使って大谷を特集。紙面には打者と投手、それぞれのフォームが大きく描かれ、日本の人気野球漫画『MAJOR』に登場する“二刀流”の主人公・茂野吾郎になぞらえ、「今、エンゼルスには二刀流プレーヤーがいる。26歳のオオタニは現実世界でゴロウ・シゲノになった」とつづった。

◆【実際のイラスト】「ロサンゼルス・タイムズ」の「現実世界でゴロウ・シゲノになった」

また、『MAJOR』が大谷の高校時代のお気に入りだったということも紹介していた。日本の漫画まで登場し、紙面をジャックする勢いの大谷。1日の休養日を挟んで、また大きな注目を集めることになるだろう。

◆大谷翔平、連日の際どいジャッジに苦笑い 今季打席での「ストライク判定」をデータで振り返る

◆大谷翔平、海外ブックメーカーでオッズ高騰中 トラウトを抑えてMVP候補本命に浮上

◆大谷翔平に相次ぐ熱視線、メッツ右腕は自虐気味に嫉妬「才能があり、さらにボクよりイケメン…」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします