【スポーツ誌創刊号コラム】涙、涙、涙、『週刊パーゴルフ』が50年の歴史に幕

老舗ゴルフ雑誌『週刊パーゴルフ』が6月22日発売、7月6・13日号を最後に休刊する運びとなった。

編集部から「創刊から50年、半世紀にわたりゴルフ情報誌として週一回の発行を続けてまいりましたが、時代変化による読者ニーズの多様化や今後の弊社事業戦略などを鑑み、節目である50年目を機に休刊の判断をいたしました」とコメントが発表された。

■週刊パーゴルフ、ついに50年の歴史に幕

現在、同誌を発行するグローバルゴルフメディア社によるとデジタルメディア「パーゴルフPlusも6月いっぱいで運営終了。休刊してもデジタルメディアへ転進する雑誌が多い中、デジタルブランドも閉じてしまうとは、愛読者としては非常に残念だろう。

それにしても惜しい限りだ。「ゴルフもやらんくせに、なにを」と思われる身内も多いだろうが、なにしろかつて新入社員として潜り込んだ会社名は「株式会社学習研究社」。『パーゴルフ』は1971年、その学研から創刊された。新人時代、同期も一名同編集部に配属となった。

『週刊パーゴルフ』は長らく同社から発行されていたが2009年、株式会社パーゴルフ・プラスとしてスピンアウト。2011年に売却され、2014年にはライバル誌をかかえる株式会社ALBAに譲渡されその後、合併もありグローバルゴルフメディアグループ株式会社により運営されて来た。そして、この度50年の歴史に幕を下ろすかたちとなった。

この一連の流れの中、新人時代の先輩が「パーゴルフ」の代表取締役社長を務めていたという経緯もあり、勝手に思い入れがある雑誌が、この世から姿を消してしまうと考えると、創刊号マニアとしても、より一層、おセンチになってしまう。

いずれ、この世から雑誌そのものが消えてしまうのだろうか……。

■隔週なのに、『週刊パーゴルフ』

1971年10月7日号として、この世に生を受けた『週刊パーゴルフ』は、隔週刊号だった。隔週刊行にも関わらず「週刊」としてしまうあたりが、何事も中途半端な学研という会社の性格を表していよう。

編集兼発行人は、古岡勝。学研創業者・古岡秀人の甥にあたる。老舗出版社は世襲制であることが多いが学研もその例にもれず、21世紀がやって来るころまで社長は代々「古岡」だった。今、初めて知ったが、この古岡勝、武道家として著名なんだそうだ。いはやは。

ちなみに私が新人で配属された部署に遠藤さんという部長がいらしたが、この方が世襲以外ではじめて学研の社長になられたと記憶している。間違いならご指摘のほどを。

■『週刊パーゴルフ』を振り返る


山藤章二さんの手による『週刊パーゴルフ』創刊号表紙

創刊号の表紙は、似顔絵イラストの大家・山藤章二さんの筆によるジャンボ尾崎である。ちらっと調べると山藤さんが売れっ子となったのはこの頃。

週刊朝日』で名物連載「ブラック・アングル」をスタートさせる5年も前である点を振り返ると、学研もこの頃は時代を読み取るセンスがあったのかもしれない。

表紙をご覧になるとお分かり頂ける通り、創刊号の売りは「池永プロゴルファー転向か」と今は亡き不倫小説の大家・渡辺淳一による連載小説である。うむ、ゴルフ雑誌というよりも、むしろ文春のような香りがする。

全体的に読者も50代あたりをターゲットにしているのではないかという作り。トーナメント情報よりも、接待ゴルフを軸に添えていたのだろう。私が日本のゴルフを嫌う理由がてんこ盛りだ。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします