【愛オークス】欧州にディープの“衝撃”再び、スノーフォールが大楽勝で英愛オークス制覇

愛オークスを圧勝したスノーフォール(C)Getty Images

第126回・愛オークス(GI、芝約2400m)は17日、アイルランドのカラ競馬場で行われ、ディープインパクト産駒のスノーフォール(牝3、A・オブライエン厩舎)が優勝した。勝ちタイムは2分34秒36(良)。

8頭立ての1番ゲートから発走したスノーフォールは道中インの4、5番手を追走。直線で外に持ち出すと、あとは独走状態。あっという間に後続を突き放し、最後は2着のディヴァインリーに8馬身1/2の差をつける圧勝だった。

◆【実際のレース映像】直線、どこまで突き放すのか……愛オークスでスノーフォールが“衝撃”の大楽勝

■欧州競馬に「ディープ旋風」

スノーフォールはレース史上最大の16馬身差で圧勝した6月の英オークス(GI、芝約2400m)に続くGI2連勝とし、距離延長となった3走前のGIII・ミュージドラSから2000m以上のレースで3連勝。通算10戦4勝。

鞍上のライアン・ムーア騎手は、2010年にスノーフェアリーで制して以来の愛オークス制覇。英愛オークスのダブル制覇は凱旋門賞2勝の名牝・エネイブル以来、4年ぶりとなる。

ディープインパクト産駒は、2020年に仏オークス(ファンシーブルー)、21年に英オークス(スノーフォール)を制覇しており、これで英愛仏の欧州3カ国オークス制覇。前日16日にはニューマーケット競馬場の1レース(芝約2000m)でも、エリザベス女王が所有するディープインパクト産駒のポートフォリオ(牝3、M・スタウト)が勝利するなど、欧州競馬に「ディープ旋風」が吹き荒れている。

今年、欧州最高峰の凱旋門賞には、日本調教馬としてグランプリ3連覇の牝馬クロノジェネシスが参戦予定だが、その前に立ちはだかるのは欧州のディープインパクト産駒となりそうだ。

◆【続報】「彼女はスペシャル」 スノーフォールの次走は凱旋門賞“王道ローテ”の8月ヨークシャーオークス

◆「近代では指折りの圧勝劇」ディープ産駒・スノーフォールの16馬身差Vに現地メディアも驚愕

◆ディープ産駒・スノーフォールが英オークスを16馬身差V、現地メディア「アメージング!#ディープインパクト」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします