【東京五輪/柔道】高藤直寿が日本勢初の金「豪快に勝つことができなかったが、これが僕の柔道」

日本勢初の金メダルを獲得した高藤直寿(C)ロイター/Hannah Mckay

柔道男子60キロ級の高藤直寿は24日、東京五輪の決勝で台湾の楊勇緯を下し、主催国の日本に初の金メダルをもたらした。

【実際の動画】感極まり号泣……高藤直寿、金メダル獲得直後のインタビュー

高藤は試合直後のインタビューで「豪快に勝つことができなかったが、これが僕の柔道。もっと金メダリストとして自分を磨いていきたい」と語った。

4分間で勝負がつかなかった決勝戦は延長に入り、楊が7分40秒に3つ目の指導を受けたところで決着した。高藤はカザフスタンのエルドス・スメトフと対戦した準決勝でも、11分を超える長い試合を戦っていた。

高藤は栃木県出身の28歳。世界選手権を3回制し、2016年のリオデジャネイロ五輪では銅メダルを獲得した。

高藤は「今までみんなに支えてもらってこの結果があると思う」と語った。

【実際の動画】感極まり号泣……高藤直寿、金メダル獲得直後のインタビュー

◆【東京五輪/柔道】「自分の弱さが最後に…」渡名喜風南が銀 日本勢初のメダリストに

◆柔道・ビロディドってどんな人?アジア圏のマネジメント契約で日本での活動も期待!

文・SPREAD編集部=ロイター


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします