【東京五輪/柔道】「自分の弱さが最後に…」渡名喜風南が銀 日本勢初のメダリストに

柔道女子48キロ級の渡名喜風南(C)ロイター/Hannah Mckay

柔道女子48キロ級の渡名喜風南(となき・ふうな)は24日、東京五輪の決勝でコソボのディストリア・クラスニチに敗れた。銀メダルにとどまったが、日本人として今大会初のメダリストとなった。

【実際の映像】勝負を分けた残りおよそ20秒からの熾烈な攻防 渡名喜とクラスニチによる決勝の一部始終

■「自分の弱さが最後に出てしまった」

渡名喜は試合直後のインタビューで「最近決勝で勝てていなかったので、そこでの怖さがある中での戦いだったが、自分の弱さが最後に出てしまった」と語った。「しっかりこの負けを認めていきたい」と泣きながら話した。

試合はクラスニチが開始後3分41秒に内またで技あり。残りおよそ20秒、渡名喜は前に出たが及ばず、金メダルに手が届かなかった。

1995年に神奈川県相模原市で生まれた渡名喜は、2013年のアジア・ジュニアユース選手権で優勝。2017年のブタペスト大会で世界選手権を制した。

両親は沖縄県出身。小さいころから父親と格闘技を見るのが好きで、女子でもできるスポーツを探して柔道に出会った。

【実際の映像】勝負を分けた残りおよそ20秒からの熾烈な攻防 渡名喜とクラスニチによる決勝の一部始終

◆高藤直寿が日本勢初の金「豪快に勝つことができなかったが、これが僕の柔道」

◆柔道・ビロディドってどんな人?アジア圏のマネジメント契約で日本での活動も期待!

文・SPREAD編集部=ロイター


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします