【MLB】 ア・リーグ、ハンク・アーロン賞はゲレーロJr. 大谷翔平は日本人初受賞逃す

ブルージェイズ・ゲレーロJr(C)Getty Images

メジャーリーグベースボールは9日(日本時間10日)、ロブ・マンフレッド・コミッショナーがMLB Networkを通し、各リーグでもっとも目覚ましい活躍をみせた打者に贈られる「ハンク・アーロン賞」を発表。

アメリカン・リーグの同賞はトロント・ブルージェイズブラディミール・ゲレーロJr.が受賞、大谷翔平ロサンゼルス・エンゼルス)による日本人初受賞はならなかった。

◆【スケジュール一覧】大谷翔平が受賞する賞の発表日はいつ…… 気になる日程まとめ

■「将来性あふれる若い才能」

メジャー3年目となるゲレーロJr.は今季、161試合に出場、48本塁打、111打点、123得点と22歳にして開花、その打棒をいかんなく発揮した。カンザスシティ・ロイヤルズのサルバトーレ・ペレスとホームラン王を分け合ったものの、得点、出塁率(.401)、長打率(.601)、OPS(1.002)でリーグ最多を記録。マンフレッド・コミッショナーも「将来性あふれる若い才能」と讃えた。

◆MVP最終候補者に選出された大谷翔平 来季へ向けてすでにトレーニング開始 米紙報道

◆エンゼルスは大谷翔平の「勝ちたい」に応えるのか 数字で見た課題と補強ポイント

◆「自分にとっても特別」大谷翔平、選手間投票で年間最優秀選手に選出 地元紙は今後の賞レースにも期待

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします