【格闘技】RIZIN榊原CEO、沈黙破り“シバターvs.久保優太”を語る 八百長は「ありえない」

RIZIN・榊原CEO(写真:編集部)

総合格闘技団体「RIZIN」は11日、公式YouTubeチャンネルを更新。動画内で榊原信行CEOが、昨年大みそかに行われた「RIZIN.33」での「久保優太 vs. シバター」についての見解を語った。

◆“八百長騒動”久保優太の妻サラは夫をバッサリ「自業自得」「シバターの作戦を心の中で受けた」

■榊原CEOは八百長を完全否定

「久保優太 vs. シバター」の一戦はシバターが見事な勝利でRIZIN無敗継続となったが、試合後に久保が「事前打ち合わせ」が両者間であったことを暴露。シバターも自身のYouTubeチャンネルで“応戦”するなど波紋を呼んでいた。

榊原CEOはこれまでの騒動や経緯を踏まえ、両選手へのヒアリングや契約書に基づいて弁護士との会話など、時間をかけて精査を行ったと明らかにした。

まず榊原CEOが強調したのは、2015年のRIZIN立ち上げ以降、八百長試合は1試合もないという点。榊原CEOは「人生を懸けて、命を懸けて約束してもいい。ありえない」と語り、過去6年間の全試合においてリアルファイトが行われているとした。

また、今回の一戦については、シバターのことを「炎上系YouTuberであるということを、しっかり僕らが理解するべきだった」と振り返りながら、シバターが久保へ試合前にアプローチをした後に久保陣営からRIZIN側に連絡があったと明らかにした。久保陣営は「シバターさんの話を聞いたふりをして、試合を成立させてやっつける」とRIZIN側に伝えたとのことだが、久保本人は試合直前まで続いたシバターの“陽動作戦”によって迷いが出ていたようだ。

榊原CEOはシバターが試合前まで続けた弱気発言などの戦術を「品性下劣」と一刀両断したが、「(シバターは)どうバズらせるか、炎上させるかという点に知恵を絞った結果。僕らが一本とられた部分もある」と一定の理解を示したうえで、今後は選手同士の直接コミニュケーションで試合内容をやり取りしないと契約書で明文化するとした。

一定のルールやモラルを持った情報発信の重要性や、SNSやYouTube上での様々な意見交換にも触れた榊原CEOは「全てを受け入れる覚悟が必要」と語り、「6年間やってきて、ファイターと作り上げてきたものも、一つの小さなきっかけで八百長と疑われてしまう残念な結果を招く。今後もRIZINは話題性のあるカードを組むが、100パーセントリアルファイト、真剣勝負から生まれるドラマで魅了していく。このことで小さくまとまるつもりはない」と強調した。

◆予測不可能な男・シバターが魅せた“30秒間の奇跡”「こんなこと三度は絶対ない」

◆シバター 久保優太に仕掛けた〝勝利へのワナ〟告白「一世一代の大ブラフをかましてやった」

◆朝倉未来が八百長事件の2選手に怒り「格闘技界を冒涜」シバターを推薦「申し訳ない」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします